チーム永瀬、予選突破か チーム三浦、初陣飾るか ファン予想の勝敗ほぼ互角/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Aリーグ第2試合が4月23日に放送される。対戦するのはチーム永瀬とチーム三浦。両チームともに優勝経験がある棋士が出場することもあり、激戦必至といった様相だ。

【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Aリーグ第二試合<チーム永瀬VSチーム三浦>

 チーム永瀬はタイトルホルダーの一人、永瀬拓矢王座(29)がリーダーシップを発揮する中、エースと信頼する増田康宏六段(24)が個人3連勝と絶好調。開幕戦となったチーム羽生との試合に勝利する大きな原動力となった。また斎藤明日斗五段(23)も尻上がりに状態を上げ、2年ぶりの出場となる超早指しの感覚を取り戻しつつある。

 チーム三浦は、タイトル経験もある上位の常連、三浦弘行九段(48)が率いる。池永天志五段(29)は公式戦での成績もよく、昨年はチーム木村のメンバーとして準優勝も経験した。また伊藤匠五段(19)は昨年、チーム藤井の一員で初出場初優勝。大会後には新人王も獲得した。藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)と同い年の棋士という点でも注目され、今後が大いに期待される若手だ。

 ABEMA将棋チャンネルでのTwitterアカウントで勝敗予想アンケートを実施。1753人が回答し、チーム永瀬の勝利を予想した人が51.6%だった。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Aリーグ第二試合<チーム永瀬VSチーム三浦>
【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Aリーグ第二試合<チーム永瀬VSチーム三浦>
【動画】ドラフト会議指名結果と予選リーグ組み合わせ
【動画】ドラフト会議指名結果と予選リーグ組み合わせ