チーム永瀬、本戦出場一番乗り!チーム三浦を圧倒/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 文句なしの本戦出場一番乗りだ。将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Aリーグ第2試合、チーム永瀬とチーム三浦の対戦が4月23日に放送され、チーム永瀬がスコア5-2で勝利した。第1試合でもチーム羽生にスコア5-3で勝利しており、予選を2勝0敗、得失点差+5という堂々とした成績で予選を1位通過。チームとしては3大会連続の予選突破を果たした。若い勢いと経験、棋力が組み合わさった20代の3人組が、加速しながら頂点に突き進む。

【動画】本戦出場一番乗りを決めたチーム永瀬

 スコア以上に強い勝ち方だ。9本勝負で4本取れば本戦出場が決まるチーム永瀬だったが、予選敗退の恐怖を感じることもなく、そのままスムーズに勝ち切った。チームに弾みをつけたのは最年少の斎藤明日斗五段(23)だ。第1試合では個人2連敗からのスタートと苦しんだが3局目で今大会初勝利。これで気持ちも落ち着いたのか、第2試合のトップバッターを任され、相手がリーダー三浦弘行九段(48)でもリラックスした表情で盤へと向かった。精神状態がもろに将棋の内容に出るタイプなのか、タイトル経験もある強豪のベテランを相手に序盤からリード。中盤以降はリードを保つことに苦労する場面もあったが、逆転は許さず大きな勝利をつかみ取り「今回は永瀬(拓哉王座)リーダーも少し褒めてくれるかなと思います」と、安心した笑顔が出た。後の2局は池永天志五段(29)、伊藤匠五段(19)に敗れたものの、チームの流れを決める第1局の勝利は貴重なものだった。

 第3局から登場した増田康宏六段(24)は、まさにエースと呼ばれるにふさわしい強さだった。第1試合で個人3連勝と絶好調だったが、この第2試合でも第3局に昨年度の新人王で前回大会の優勝メンバー伊藤五段を73手の短手数で一蹴。第5局でも公式戦で高勝率を誇る池永五段に119手で競り勝ち、2試合で無傷の5連勝と勝ちまくると、解説を務めていた佐藤慎一五段(39)からも思わず「このフィッシャールールでは、まさに無類の強さ」と太鼓判が押されるほどだった。

 頼もしい2人の活躍に目を細めたリーダー永瀬王座も、しっかりと仕上げてきた。第1試合は羽生善治九段(51)と1勝1敗だったが、この試合では第4局から登場し三浦九段とのリーダー対決に臨むと、相掛かりから大熱戦。ただ最終盤には持ち時間も残る数秒になる超早指し戦においても「負けない将棋」は変わらず、ぐっと堪えて相手のチャンスを潰していく将棋に徹し、108手で勝利。第7局では研究パートナーでもあり実力を認める伊藤五段にも「伸び伸びと研究をぶつけました」と余裕を感じながらの白星で、チームの勝利を確定させた。

 第3回大会では優勝も経験している永瀬王座と増田六段のコンビに、この大会期間中の成長が期待されている斎藤五段。年齢が近いながらも和気あいあいとするだけでなく、勝負に対しての厳しさもしっかりと持つ。次なる戦いは本戦のトーナメント。いかにして勝ち抜くかの作戦会議は、チーム名にもなっているラーメン店「川崎家」で開かれることだろう。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】本戦出場一番乗りを決めたチーム永瀬
【動画】本戦出場一番乗りを決めたチーム永瀬
【動画】増田康宏六段、予選無傷の5連勝!
【動画】増田康宏六段、予選無傷の5連勝!
【動画】激戦を振り返る斎藤明日斗五段
【動画】激戦を振り返る斎藤明日斗五段
【動画】激戦を振り返る斎藤明日斗五段