狙い澄ました一手に解説棋士が「ひょー!」と絶叫リアクション「いい手だ!」「これはささった」と痺れるファンも続出/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 待ってましたとばかりに打ち込んだ駒に、解説棋士も視聴者も痺れまくった。将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Bリーグ第2試合、チーム糸谷とチーム菅井の対戦が5月14日に放送された。この第6局は、チーム菅井のリーダー菅井竜也八段(30)がチーム糸谷・黒沢怜生六段(30)と熱戦の末に、131手で勝利を収めた。終盤戦には、菅井八段がタイミングを見計らったように、ビシッと打ち込む様子が見られ、この手の内容と仕草に大盤解説を務めていた伊藤真吾六段(40)からは、思わず「ひょー!」と高い声が出た。

【動画】解説棋士・聞き手から思わず声が出た鋭い一手

 菅井八段はタイトル経験もある実力者で、現在の順位戦A級棋士の中では唯一の振り飛車党。今回のチーム編成も、少しでも多く振り飛車の戦いをファンに見せたいという思いから久保利明九段(46)、佐藤和俊七段(43)という振り飛車党の先輩2人をドラフト会議で指名し「真・振り飛車」を結成した。

 ただチーム糸谷との対戦では、メンバーである黒沢六段、西田拓也五段(30)も振り飛車党で、6人中が振り飛車を指すという異様な組み合わせに。第6局も、どちらが飛車を振るかという駆け引きの中、先手だった菅井八段は居飛車、黒沢六段が三間飛車を用いての対抗形になった。

 序中盤は、黒沢六段が指しやすい展開で進んでいたが、リーダーとして簡単に負けられない菅井八段は根性の粘りで、少しずつ挽回。そして終盤、狙い澄まして▲8三香と打ち込んだ際に、伊藤六段が「ひょー!すごい手が出ましたね」と絶叫した。聞き手を務めていた上田初美女流四段(33)も「なるほど!なるほど!」と連呼するほど興奮の一手は玉頭に香を打ち込まれたものだったが、同玉と取ってしまうと馬の引きが見事に活用され、次に王手竜取りがかかるというもの。また同銀と応じると、守りの要として機能していた金を剥がされるという手だった。これに気づいたファンからも「ねらったか」「ひょおおおお」「なるほど」と、一本取られたというようなコメントが集まり、さすがの切れ味といった高評価がされていた。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】上田初美女流四段の鋭いツッコミ
【動画】上田初美女流四段の鋭いツッコミ
【動画】解説棋士・聞き手から思わず声が出た鋭い一手
【動画】解説棋士・聞き手から思わず声が出た鋭い一手