出番が来た!大谷翔平、わずか2球目での先頭打者弾にネット裏のカメラマンが大慌てで“緊急出動”
番組をみる »

【MLB】エンゼルス4-1アスレチックス(5月22日・日本時間23日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「1番・DH」で先発出場し、1回の第1打席に日米通算150号のメモリアルとなる今季9号ソロを放った。試合開始早々から地元のエンゼルスファンも総立ちになるような先頭打者弾だったが、慌てて立ち上がったのは中継スタッフであるカメラマンも一緒。「出番が来た!」とばかりに大慌てでカメラを構える様子が中継で映し出されていた。

【動画】大谷翔平の快音に慌てて準備するカメラマン

 大谷はカウント0-1からの2球目、真ん中高めに甘く入ってきたカーブを強振。打球はセンター方向に一直線に舞い上がり、飛距離は今季最長となる433フィート(135メートル)に達する特大弾だった。その快音から球場のファンたちも待望の先制弾だと確信したが、すぐに反応したのはネット裏に待機していた中継カメラマンも同じだった。大谷が一塁に走りかけたかどうかという瞬間、すぐにカメラを持ってスッと立ち上がると、大谷がダイヤモンドを1周してくる前に、三塁ベース付近の持ち場に待機。その後は生還からベンチに入っていく様子までをカメラで捉え続けた。

 しっかり捉えればいつでもオーバーフェンスできる力を持っている大谷だけに、中継カメラマンとしても、いつどんな一発が飛び出すか、油断していい1打席はなさそうだ。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】大谷翔平、日米通算150号達成の一発は今季最長135メートル特大弾
【動画】大谷翔平、日米通算150号達成の一発は今季最長135メートル特大弾
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW