大谷翔平、先頭打者弾で「点取ったぞー!」ベンチで先発投手に笑顔の報告 ファンも「サンドバル嬉しそうw」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス4-1アスレチックス(5月22日・日本時間23日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「1番・DH」で先発出場し、1回の第1打席で今季9号、日米通算150号の先頭打者アーチを放った。大谷を祝福するベンチでとりわけ喜んだのが先発投手のサンドバル。大谷もこれに笑顔で応えるシーンが話題となっている。

【動画】ホームラン報告をする大谷翔平と喜ぶサンドバル

 大谷は第1打席、アスレチックス先発左腕アービンの2球目を捉えセンター越えの先頭打者アーチを放った。打った瞬間、相手バッテリーも本塁打を確信し悔しがる当たりは、今季最長の飛距離135メートルの特大弾。本拠地を埋め尽くしたファンの大歓声の中、大谷はベースを1周すると、チームメイトたちが待ち受けるベンチに戻り今季のエンゼルスの“お約束”であるカウボーイハットを被ってのハイタッチを交わした。

 仲間とハイタッチを交わしながらベンチを進んだ大谷は、最後にこの試合の先発投手であるサンドバルが待っていたのを見つける。サンドバルは昨季3勝、今季ここまですでに2勝1敗で防御率1.91という成績を残している25歳の若きピッチャー。今季は前日までに先発した6試合全て3失点以内と安定した投球を見せているが、今月に入り4試合で1勝とあまり勝利に恵まれてはいなかった。その1勝をあげた15日(日本時間16日)の試合でも大谷はホームランを打っている。大谷は「また点取ったぞー!」とばかりにサンドバルを指差すと、笑顔でハイタッチ。そのまま抱擁を交わすと、サンドバルも嬉しそうな笑顔を浮かべた。

 これには視聴者もコメント欄で「サンドバル嬉しそうw」「サンディとハグ」「サンディ嬉しそう」と反応。サンドバルを応援する声が見られた。なお、サンドバルは8回途中まで投げ1失点と好投。チームも逃げ切り、サンドバルには3勝目がついた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】大谷翔平、日米通算150号達成の一発は今季最長135メートル特大弾
【動画】大谷翔平、日米通算150号達成の一発は今季最長135メートル特大弾
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW