ゲレロJr.が見せた大谷翔平を“粉砕”直後の振る舞いに「まじ嬉しそうw」ファンもあっぱれ「大好きな大谷から本塁打は嬉しい」の声も
【映像】大谷を“粉砕”直後、ゲレロJr.はベンチで… »

【MLB】エンゼルス3-6ブルージェイズ(5月26日・日本時間27日/アナハイム)

 ライバルから放った会心のホームランに昨季の本塁打王も喜びはひとしお。エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場したこの試合、ブルージェイズの主砲で昨季の本塁打王に輝いたゲレロJr.が大谷からレフトポール直撃のソロホームランを放った。その直後、ベンチに戻ったゲレロJr.が見せた“嬉しそう”な振る舞いが視聴者の間で話題を呼んだ。

【映像】大谷を“粉砕”直後、ゲレロJr.はベンチで…

 昨季、シーズン終盤まで本塁打王を争ったゲレロJr.と大谷。この試合でゲレロJr.は大谷に対して初回はレフトフライ、3回は155kmのストレートで見逃し三振に抑え込まれていた。初回の打席ではレフトへあわやホームランかという大飛球を放っていただけに、この打席でも打つ気満々。初球、そして2球目と見送り、続く3球目、高めに甘く浮いたカーブを強振すると、鋭い打球がレフトポールに直撃する9号ソロとなった。この一発に試合を中継したABEMAの視聴者も「ゲレーロ最強!」「すげーあたり!」「ゲレーロとどめのHRキターーーー」と大興奮。

 ホームランを確認すると、ゲレロJr.は人差し指を突き上げて大喜び。ベースを回りベンチに座り込むと、すぐにタブレットで自身の打席をチェックし始めた。興奮冷めやらぬままタブレットとグラウンドを交互に見つめるその様子に視聴者からは「大好きな大谷から本塁打はそら嬉しいわな」「まじで嬉しそうww」と“あっぱれ”の声が寄せられた。

 大谷もまた、自身の打撃内容をタブレットで確認する様子が中継にたびたび映し出されており、強打者はどんな場面でも研究に余念がないことがうかがえる。ただ、ライバル大谷から会心の一打を放ったこの時のゲレロJr.は、ひと際嬉しそうで、その様子に大谷ファンも微笑ましく感じていたようだった。

 大谷を“粉砕”したゲレロJr.の活躍もあり、ブルージェイズはこの回限りで大谷をノックアウト。チームは6-3で逃げ切り勝利を収めた。この日の大谷は2打数ノーヒット、1四球。投手としては今季3敗目を喫した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷を“粉砕”直後、ゲレロJr.はベンチで…
【映像】大谷を“粉砕”直後、ゲレロJr.はベンチで…
大谷翔平「お帰りはあちらで~す」ボテボテ投ゴロが生んだコミカルなシーンに「コントすなw」「なになに楽しそう」反響
大谷翔平「お帰りはあちらで~す」ボテボテ投ゴロが生んだコミカルなシーンに「コントすなw」「なになに楽しそう」反響
SPOTV NOW
SPOTV NOW