「痛すぎる」「これは無理…」 “超速”ライナーが走者直撃の不運 直後のサードの守備に「めっちゃ反応いい」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス3-4ブルージェイズ(5月27日・日本時間28日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が腰の張りでスタメンを外れたこの試合。5回表・ブルージェイズの攻撃で起きた“あまりに不運な打球直撃”と、その際にエンゼルスのサードが見せた“超反応”がファンの間で注目を集めた。

【映像】“超速”ライナー直撃の不運

 エンゼルス2-1で迎えた5回表・ブルージェイズの攻撃は、先頭の6番・カークの二塁打を皮切りに攻め立て、2-2の同点にすると、なおも1死二、三塁の好機で打席に立ったのは1番・スプリンガー。その初球、エンゼルス2番手・ハーゲットが投じた真ん中高めのカーブを弾き返すと、鋭い打球が三塁線へ飛んでいく。

 しかし、この打球の先にいたのが三塁走者のタピア。ボールはノーバウンドで右太股付近を直撃すると、タピアはその場に倒れ込む。ファールゾーンでの直撃とあって、判定はファールとなったが、痛さのあまりしばし座り込むという状況に。その後、タピアが何事もなかったように笑顔を見せると、代走は送られずプレーは続行された。

 一方で、この時に“スゴ技”を見せていたのがサードのウェイド。タピアにボールが当たったことによって体の進行方向とは逆に打球が流れるも、瞬時に体をひねるようにグラブを伸ばしてキャッチする超反応を見せていた。

 こうしたひとコマに、解説の西岡剛氏は「痛いですよ。デッドボール当たったのと同じですからね。あの打球って170~180キロぐらいスピードあるんで、逃げられないですよ」とコメント。視聴者からも「これは無理…」「痛すぎる」「豪速球すぎる」「スプリンガー打球速いからね」「守備めっちゃ反応いい」「よく捕ったな」といった様々な反響が寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

大谷翔平、9回裏に代打で登場すると会場大歓声
大谷翔平、9回裏に代打で登場すると会場大歓声
タピアがまさかのトンネル
タピアがまさかのトンネル
大谷翔平、ボテボテ投ゴロが生んだコミカルなシーン
大谷翔平、ボテボテ投ゴロが生んだコミカルなシーン
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW