トラウト、菊池雄星から弾丸ヒット「打球はえー」驚きの声 西岡剛氏「ボール2つ高ければスタンドに」
【映像】トラウトが放った火の出るような弾丸ライナー »

【MLB】エンゼルス-ブルージェイズ(5月28日・日本時間29日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平が「2番・DH」で2試合ぶりにスタメンに復帰。花巻東高校の先輩でもある菊池雄星投手との注目の第1打席は遊ゴロに倒れた。しかし、そのあとを打つ3番・トラウトが3球目を叩いて火の出るようなセンター前へのヒットを放つと、あまりの打球の速さに視聴者から「打球はえー」「えぐっ」など驚きの声が上がり、解説を務めた西岡剛氏も「あとボールが2つ高ければスタンドだった」と肝を冷やした。

【映像】トラウトが放った火の出るような弾丸ライナー

 1番・レンヒーフォ、2番・大谷を抑えて2死ランナー無しで迎えたのは、MVP3度の主砲であるトラウト。菊地はトラウトに対して1球目、2球目とストレートを投げ込む強気のピッチングを見せる。

 そしてカウント1-1からの3球目、アウトコース低めのストレートは球速95マイル(約153キロ)を記録するも、これに反応したトラウトの打球は105マイル(約169キロ)の低い弾道であっという間にセンター前へと抜けていった。

 試合を中継したABEMAで解説を務めた西岡剛氏は「真っすぐでファウルを取りたいが、変化球が甘く入ると持って行かれる」と話したが、トラウトの打球を見るなり「(打球が)強いですね。ナイスバッティングです」と称賛すると「球が低くてよかった。ボール2つくらい上がっていると、スタンドまで持って行かれる高さだった。低めの高さをしっかりとおっつけて打つ。お手本のようなバッティング」と続けた。

 トラウトにヒットを許した菊池は続くダフィーにもライト前へ運ばれたが、ウォルシュから空振り三振を奪って初回を無失点で切り抜けた。また菊池は3回に2番・大谷、3番・トラウトから連続三振を奪うなど、3回を投げて無失点の好投を見せている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』) 

【映像】トラウトが放った火の出るような弾丸ライナー
【映像】トラウトが放った火の出るような弾丸ライナー
大谷翔平の同僚・ウォルシュが180度開脚を披露! 西岡剛氏「体操選手みたい」と驚き 「開脚キター」ファンも興奮 
大谷翔平の同僚・ウォルシュが180度開脚を披露! 西岡剛氏「体操選手みたい」と驚き 「開脚キター」ファンも興奮 
SPOTV NOW
SPOTV NOW