チーム広瀬、堂々の予選1位通過 チーム山崎にも競り勝ち 広瀬章人八段「みんなで白星を重ねた結果」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Cリーグ第2試合、チーム山崎とチーム広瀬の対戦が6月4日に放送され、チーム広瀬がスコア5-3で勝利し、堂々の予選1位で本戦出場を決めた。チームリーダー広瀬章人八段(35)、三枚堂達也七段(28)が2勝、青嶋未来六段(27)も1勝と、3人がそれぞれ勝利を挙げるチームワークのよさで快勝。本戦に向けて、チームとしての成熟度を高める順調な勝ち上がりとなった。

【動画】勝因を振り返るチーム広瀬の3人

 戦うごとに強くなる。チームで戦うこの大会においての理想形だ。チーム広瀬は第1試合、チーム豊島との対戦では青嶋六段が3連勝し、一気にエース格となったが、この第2試合では全員が見せ場を作ってチームの勝利に突き進んだ。

 勢いをつけたのは三枚堂七段だ。チーム山崎、阿久津主税八段(39)との対戦では、阿久津八段が先手番から三間飛車を採用したことで意表を突かれることとなり、序盤から持ち時間を削られる展開になった。中盤に入り、三枚堂七段から現状打開を狙おうと踏み込んだところ、一気に華々しい攻め合いに。終盤まで押され気味だったものの壮絶な叩き合いでわずかに抜け出し「偶然勝ちが舞い込んできた」と胸をなでおろした。第4局では松尾歩八段(42)と対戦し横歩取りに誘導されたが、新手を見せられ「左辺と右辺のバランスの取り方を失敗した」と苦しんだが、悩ましい展開でも粘ったことで形勢逆転。連勝を果たしチームに勢いをつけた。第7局では山崎隆之八段(41)に敗れたものの、常にチームが優位に試合を進められたのも三枚堂七段の力だ。

 青嶋六段は、この試合ではうまくつなぎ役を果たした。スコア1-1で迎えた第3局、松尾八段との対戦では後手番から三間飛車と穴熊を採用。先手番の松尾八段が居飛車穴熊で、フィッシャールールでは頻出する相穴熊の出だしとなった。がっちり囲いあった持久戦になると思われたが、この一局では青嶋六段の切れ味鋭い指し手が炸裂。みるみる松尾の穴熊を崩壊させリーダー広瀬八段からも「いやー、お見事」と絶賛、相手のリーダー山崎八段も「これはしょうがないです」と脱帽のコメントがあった。第6局では山崎八段に敗れたが1勝1敗、予選2試合で4勝1敗の好成績は本戦出場の立役者と言うに十分だった。

 要所を締めたのは、やはりリーダーだ。第2局、早々に訪れた山崎八段とのリーダー対決では自由奔放な指し回しに惑わされ苦杯を舐めたが、第5局では阿久津八段と対戦。角換わりの出だしから、阿久津八段の勝負手に驚かされる場面もあったものの、すぐに落ち着きを取り戻せるのが若くしてタイトル経験もある実力者。「結果的にはうまく行った気がします」と、ようやくホッとした笑顔を見せた。そしてスコア4-3で迎えた第8局。既に得失点差もあり本戦出場を決めていたが、本戦に向けて弾みをつけるにはチームの勝利が欲しいところだった。阿久津八段との再戦になると「一手一手悩ましかった。相手の攻めに対応を間違えた」と中盤まではややリードを許す進行になったが、終盤のチャンスを逃さず逆転。勝利を決める白星をもぎ取り「なんとかリーダーとしての面目が保てた」と、また顔がほころんだ。

 試合後、改めてコメントを求められた広瀬八段は「この2人を選んでよかったです。誰かが大きく負けることなく、みんなで白星を重ねて積み上げた結果。リーダーとしてこんなにうれしいことはないです」と、全員で掴み取った予選突破だと強調した。チーム名は麻雀の最高役・役満の「国士無双」。3人はさらに結束力を高めて、優勝というアガリに向かっていく。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】勝因を振り返るチーム広瀬の3人
【動画】勝因を振り返るチーム広瀬の3人
【動画】対局を振り返る青嶋未来六段
【動画】対局を振り返る青嶋未来六段
【動画】山崎八段、松尾八段、阿久津八段3人で「将棋崩し」
【動画】山崎八段、松尾八段、阿久津八段3人で「将棋崩し」
【動画】山崎八段、松尾八段、阿久津八段3人で「将棋崩し」