大谷翔平、本塁突入で“ヒヤリ” 相手捕手が直後に歩み寄って紳士的な振る舞い「優しかったやん」ファン注目
【映像】相手捕手が見せた紳士的な振る舞い »

【MLB】エンゼルス11-6メッツ(6月11日・日本時間12日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。13号2ランを含む3安打3打点3得点と躍動し、チームの勝利に貢献した。3回裏にはレフト前ヒットで出塁した後、5番ウォルシュのライト前ヒットでホームに突入。相手捕手にブロックされアウトとなった大谷が苦痛に顔を歪める場面も見られ視聴者は一時騒然となったが、直後に相手捕手が大谷にゆっくりと歩み寄って見せた紳士的な振る舞いにファンの注目が集まる場面も見られた。

【映像】相手捕手が見せた紳士的な振る舞い

 初回、ライトへのタイムリーツーベースを放って迎えた大谷3回の第2打席。大谷はメッツ先発・カラスコのシンカーを見事に捉えてレフト前へのヒットを放った。4番・レンドンの三ゴロの間に二塁に進塁した大谷は、続く5番・ウォルシュのライト前ヒットで三塁を蹴って本塁へ突入する。

 しかし、ライトのマクニールがピンポイントのワンバウンド送球を見せると、捕手のニドが捕球後に本塁を塞ぐように体をかぶせて大谷の生還を阻んだ。ニドと衝突した大谷が左腰のあたりを抑えるように苦悶の表情を浮かべると、試合を中継したABEMAで解説を務めた小林氏が「これ、ブロックいいのかな。コリジョンには入るかなっていう感じです」などとニドのブロックに着目。実況の上野氏が「完全に膝を落としていましたよね。日本では間違いなくあのプレーは禁止されています。ランナーはもちろん、キャッチャーも危ない」などと応じ、小林氏も「危ないですね」と頷いた。

 このプレーに、視聴者からは「怖いブロック」「あの膝は危ない」「コリジョンやん」など批判の声、さらに「足首痛めたかも」「怪我するじゃん」と大谷を案じる声なども聞かれたが、直後に現地のリプレー映像が大谷を労わるように歩み寄り、右手を差し出して「大丈夫かい? ごめんよ」とばかりに大谷に優しく触れるニドの紳士的な振る舞いが映し出されると「えー、捕手の人、優しかったやん」といったファンの反応も。

 それまで痛みを堪えていた大谷は、ニドの気遣いに応えるように右手を差し出してニドにタッチ。そんな大谷の様子に「大丈夫そうで良かった」「安心した」の声。中には「返球にあっぱれ」「三塁コーチャー止めてよ」といった反響も寄せられていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】相手捕手が見せた紳士的な振る舞い
【映像】相手捕手が見せた紳士的な振る舞い
【映像】「音がスゴイ」大谷の弾丸13号2ラン
【映像】「音がスゴイ」大谷の弾丸13号2ラン
大谷翔平の先制二塁打で“激走”マーシュが「かわいいヘッスラ」 ホームイン直後の仕草にファンほっこり
大谷翔平の先制二塁打で“激走”マーシュが「かわいいヘッスラ」 ホームイン直後の仕草にファンほっこり
SPOTV NOW
SPOTV NOW