大谷翔平の先制打を演出した“激走”マーシュ、直後の二人のやり取りにファンほっこり
【映像】やっぱり仲良し「大谷とマーシュ」の決定的瞬間 »

【MLB】エンゼルス11-6メッツ(6月11日・日本時間12日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場したこの試合。初回にメッツ先発・カラスコから先制のタイムリーツーベースを放った大谷と、先制のホームを陥れた1番・マーシュが直後にベンチで会話を交わす和やかなシーンを現地映像が捉えており、その様子に「マーシュと仲良し談義」「マーシュと仲良し」など視聴者がほっこりする一幕があった。

【映像】やっぱり仲良し「大谷とマーシュ」の決定的瞬間

 初回、カラスコから大谷が弾丸のツーベースを放つと、一塁ランナーのマーシュはヘルメットを飛ばしながらの“激走”を披露。その後、豪快かつコミカルなヘッドスライディングで先制のホームを踏んだ。

 マーシュはホームイン後、平泳ぎのようにグラウンドの砂をかき分け、全身で喜びを表した。このプレーには視聴者からも「マーシュ、打点ありがとう」「打点稼いだ大谷さん」と多数の声が寄せられた。

 その後、ベンチ内で大谷とマーシュが笑顔で話す様子が中継に映し出されると、視聴者から「マーシュと仲良し談義」「マーシュと仲良し」「またマーシュ聞いてる」「マーシュ打点ありがとう」「最強コンビ」などと反響が。

 大谷にとって、年下のマーシュはかわいい後輩の一人。大谷が連れ立って食事に行くなど、二人の親しい様子はこれまで幾度となく映し出されているが、この場面でも絆の強さが垣間見えていた。大谷はこの日、マーシュの“激走”の甲斐もあって13号2ランを含む4打数3安打3打点と活躍。チームの勝利に大きく貢献した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】やっぱり仲良し「大谷とマーシュ」の決定的瞬間
【映像】やっぱり仲良し「大谷とマーシュ」の決定的瞬間
【映像】ファンを“ほっこり”させたマーシュ「かわいいヘッスラ」
【映像】ファンを“ほっこり”させたマーシュ「かわいいヘッスラ」
SPOTV NOW
SPOTV NOW