トラウト“試合中インタビュー”で気まずいアクシデント?仲間がホームラン浴びる 大谷翔平には「ファンを球場に呼べる。非常に選手として重要」
【映像】トラウト インタビュー中にサンドバルがHR打たれる »

【MLB】エンゼルス-メッツ(6月12日・日本時間13日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が15試合ぶりにスタメンから外れたメッツ戦で、現地中継を放送しているESPNが珍しい“試合中インタビュー”を行った。ホームエンゼルスの中心選手トラウトが長時間インタビューに答えていたが、そのさなかにメッツにホームランが飛び出し、一瞬画面に気まずい空気が流れる一幕があった。

【映像】トラウト インタビュー中にサンドバルがHR打たれる

 この日は現地日曜日の夕方の試合ということもあり、試合中にもかかわらず中継中にベンチ内の選手と放送席が会話を交わすというサービスが行われた。インタビューに答えたのはエンゼルスのスーパースター、トラウト。野球のことのほか、プライベートについてなど様々な話題について話が及ぶなか試合は進む。すると、メッツの攻撃中にトラウトが話をしている最中、デービスにホームランが飛び出した。その瞬間、トラウトも一時話をやめる。目の前でエンゼルスが勝ち越され、トラウトを捉え続ける放送は一瞬気まずい雰囲気となってしまった。

 なお、トラウトのインタビューはその裏のエンゼルスの攻撃に入っても続いた。そこでアナウンサーから大谷の話題が出ると、トラウトは「ショウヘイには毎日驚かされているよ。すごいボールを投げたと思ったら、とんでもないホームランを打つ」と大谷を称賛。続けて、「彼のやっていることはすごいことなので、彼のことを見たいというファンがこれだけ毎日スタジアムに来てくれている。ファンを球場に呼べるというのが、非常に選手として重要なんだ。それを彼は持っている」と大谷を評した。

 ABEMAで解説を務めるAKI猪瀬氏による同時通訳でこれを聞いた視聴者からは、「ショウヘイについてありがとう」「トラウトいいやつ」「良い事言う」「おー、アニキ!ありがと」といったコメントが寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】トラウトのインタビュー中に微妙な空気が流れる
【映像】トラウトのインタビュー中に微妙な空気が流れる
【動画】打球速度が183キロにも達した大谷翔平の弾丸13号ホームラン
【動画】打球速度が183キロにも達した大谷翔平の弾丸13号ホームラン
【動画】大谷翔平の右足が相手捕手の両膝に挟まれる危険なシーン
【動画】大谷翔平の右足が相手捕手の両膝に挟まれる危険なシーン
【動画】サンドバルのわかりやすい「がっくり」
【動画】サンドバルのわかりやすい「がっくり」
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW