グローブ持ってないんですけど!痛烈ライナーをベースコーチ"素手キャッチ"に挑戦 視聴者ひやひや「なんで捕ろうとしてんだよw」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス1-4メッツ(6月12日・日本時間13日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が15試合ぶりにスタメンから外れたメッツ戦で、1回にメッツの打者のファウルボールが三塁コーチを直撃するアクシデントがあった。

【動画】痛烈ライナーを素手で捕りに行くベースコーチ

 エンゼルスがサンドバル、メッツがウォーカーの先発で始まったこの試合、1回のメッツの攻撃で2死走者なしで3番リンドーアが打席に入った。リンドーアはフルカウントと粘ると、6球目も引っ張ってファール。この打球が、メッツのコーラ三塁コーチを直撃してしまった。

 不可抗力のアクシデントかと思われたが、リプレーを見ると自分に向かってきた打球とは言えコーラコーチが自分から捕球しようとしていたのがわかる。それを、弱い打球ではなかったため弾いてしまったようだ。ABEMAの視聴者からは「あぶなw」「無理すんなw」「なんで捕ろうとしてんだよw」といったツッコミが飛んだが、コーラコーチといえば現役時代は内野手として活躍した選手。「体が反応したかたち」と、元内野手だけに思わず捕れると判断してしまったのではないかという推測も見られた。

 事故を避けるため、メジャーリーグでは現在ベースコーチもヘルメット着用が義務化されている。ヘルメットに加え、さらに「コーチも審判の防具しよう」「グローブいるなww」といった声も見られた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】痛烈ライナーを素手で捕りに行くベースコーチ
【動画】痛烈ライナーを素手で捕りに行くベースコーチ
【動画】打球速度が183キロにも達した大谷翔平の弾丸13号ホームラン
【動画】打球速度が183キロにも達した大谷翔平の弾丸13号ホームラン
【動画】大谷翔平の右足が相手捕手の両膝に挟まれる危険なシーン
【動画】大谷翔平の右足が相手捕手の両膝に挟まれる危険なシーン
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW