大谷翔平、お得意様相手も見逃し三振 何度も首を振る様子に視聴者「んーいい球だわ」「これは打てんわ」
【映像】大谷が天を仰いだ最後の1球 »

【MLB】ドジャース-エンゼルス(6月15日・日本時間16日/ロサンゼルス)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場し、第1打席は際どいコースに見逃し三振に倒れた。判定に対するものか、自分に対するものか、大谷は納得いかない様子で首を振りながらベンチに戻った。

【映像】大谷が天を仰いだ最後の1球

 1回のエンゼルスの攻撃で、2番トラウトが四球で出塁し1死一塁の場面で第1打席を迎えた大谷。ドジャース先発の左腕アンダーソンは今シーズン7勝0敗と負けなしだが、大谷にとって通算3打数3安打と相性の良い相手。ボール球を見極めフルカウントとなっての7球目、外角に投じられた93マイル(約149.7キロ)のストレートを大谷は自信を持って見送るが、球審にストライクと判定され天を仰いだ。

 大谷は苦笑いしながら何度も首を横に振り、ベンチに戻ってからも首を振っていた。ABEMAで実況を務めたDJケチャップ氏が「大谷は納得いかないときは首をこうやって横に振ります」と説明した通り、自身に対する不満もあったのだろう。解説の村田洋輔氏も「アンダーソンがよく投げたという、そういう打席でしたね」とアンダーソンを称賛した。

 実際、アンダーソンの最後の投球は完璧なコースに決まっていたように見えた。ABEMAの視聴者からも「んーいい球だわ」「取られても仕方ない」「あれは無理だな」「いいとこ投げられたねー」「いい球だった仕方ない」「これは打てんわ」といった声が多く上がっていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』) 

【中継】大谷翔平は「3番・DH」で先発出場(生配信中)
【中継】大谷翔平は「3番・DH」で先発出場(生配信中)
【映像】大谷、見逃し三振に首を振る
【映像】大谷、見逃し三振に首を振る
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW