好調・大谷翔平、シフト“完全無視”のマルチ安打 一、二塁間に“3.7人”も2安打目は三遊間へ一直線
番組をみる »

【MLB】マリナーズ-エンゼルス(6月16日・日本時間17日/シアトル)

 大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場し、3回の第1打席にライト前ヒットを放つと、5回の第2打席にもレフト前ヒットを放ち、連続試合安打を「11」に伸ばすとともに、2試合ぶりのマルチ安打を記録した。1安打目のライト前ヒットは打球方向の傾向から一、二塁間に内野手を集める「大谷シフト」の合間を抜いたが、2安打目はそのシフトの逆を突くように、誰もいない三遊間へのゴロ。6月の月間打率が3割を超え、絶好調モードに入っている打者大谷には、シフトがまるで関係なくなっている。

【動画】相手野手の提案に大谷翔平「えー、やめてよ」とニヤリ

 大谷はこの試合が今季11試合目の投打二刀流。投手として中6日での先発登板で、前回登板では7回100球を投げ4安打1失点と好投。5勝目を挙げ、チームの連敗を「14」で止めた。また打者としても逆転の12号2ランを放つ“ジエンゴ”。ところがチームは、せっかく大谷が取り戻した流れを維持できず、その後も黒星が先行。前日までに3連敗中で、またも投打二刀流の大谷に、連敗ストップを託すことになっていた。

 投手としては初回から速球とスライダー、さらには落差鋭いスプリットが冴えまくり序盤から球数が多くなったものの要所を締めて試合を作ると、3回には主砲トラウトが先制の17号2ラン。大谷自身も直後の打席で、ライト前にヒットを放った。このヒットは、内野手4人のうち3人が一、二塁間を守り、さらにもう一人も二塁ベースから少し三塁寄りに離れたという場所に立っており、もはや「3.7人」で一、二塁間を締めていたが、シフトを無視するように間を抜いていった。

 シフトの網にかからないのも、好調ゆえか。5回の第3打席では、内角のボールに差し込まれながらも、うまく内側からバットを出して流し打ち。通常の守備位置であれば、ショートの守備範囲といったゴロだったが、大谷シフトの状態ではがら空き状態。ファンも「ゴロかと思いきやw」「ナイス流し打ち」「シフトの裏目きたあ」「がら空きだぜー」と大盛り上がりだった。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】相手野手の提案に大谷翔平「えー、やめてよ」とニヤリ
【動画】相手野手の提案に大谷翔平「えー、やめてよ」とニヤリ
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW