19日、東京ドームで行われる『THE MATCH2022』の本戦開幕に先立ち、全出場選手の紹介が行われ、高田延彦氏の「出てこいや!」の後、最後にリングに登場したK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)とRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)がリング上で固い握手を交わし、場内が騒然となる一幕があった。およそ8年越しとなるファン悲願のワンシーンにネットからは「絵になるなぁ」「涙止まらん」「胸アツすぎる」など多くの反響が寄せられた。

【画像】武尊、研ぎ澄まされた「彫刻」ボディ

 昨日の前日計量では武尊が前日リミットちょうどの58kg、那須川が57.95kgでそれぞれ計量をパス。その後、別々に記者会見に臨んだ二人は静かに来るべき世紀の一戦に向けて熱い思いを語った。

 両者の登場前、高田氏がリングに姿を現すと「那須川天心、武尊。最強の中の最強の男たちよ…出てこいや!」とお馴染みのパフォーマンス。この合図を受けてリングに最初に登場したのは武尊。続いて那須川天心が登場すると、二人は運命に導かれるように固い握手を交わした。

 待ちに待った光景にファンからは「絵になるなぁ」「涙止まらん」「胸アツすぎる」などの反響が殺到。二人はこの後、試合開始およそ3時間前に4kg戻し、62kgの当日計量に臨んだ後、運命のリングに上がる。

武尊、計量直前にツバ絞り出す姿 那須川天心とフェイスオフ直後に「ポーズとかめっちゃしんどい。攣りそうだった…」密かに漏らした本音に「泣きそう」の声
武尊、計量直前にツバ絞り出す姿 那須川天心とフェイスオフ直後に「ポーズとかめっちゃしんどい。攣りそうだった…」密かに漏らした本音に「泣きそう」の声
【画像】最後の一滴までツバを絞り出す武尊
【画像】最後の一滴までツバを絞り出す武尊
【画像】武尊、研ぎ澄まされた「彫刻」ボディ
【画像】武尊、研ぎ澄まされた「彫刻」ボディ