石川遼、決勝卓オーラスで劇的な逆転優勝/麻雀最強戦2022 男子プロ理詰めの極致
番組をみる »

 国内最大級のプロアマ参加の麻雀大会「麻雀最強戦2022」のファイナル進出を目指す「男子プロ理詰めの極致」が6月19日に行われ、石川遼が決勝卓のオーラスで、ラスト1枚のアガリ牌を引き寄せ逆転し優勝、ファイナル進出を決めた。

【動画】優勝の喜びを語る石川遼

 予選B卓を勝ち抜いた石川は「すずめクレイジー」の名で、人気オンライン麻雀「天鳳」の最高峰、天鳳位に輝いたことがある実力者。決勝卓では同じく天鳳位の山田独歩、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の赤坂ドリブンズでプレーする園田賢、鈴木たろうと、豪華な顔触れと戦った。東場をラス目で折り返した石川だったが、南1局2本場でリーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ2の8000点(供託1000点、+600点)で追撃開始。その後も東場からトップ目を走る鈴木を追いかけ続けた。

 必死に耐えながら逆転のきっかけを待っていた石川にチャンスが来たのはオーラスも終盤。14巡目にツモれば逆転となるドラ2枚持ちの七対子でテンパイすると、2巡後に残り1枚だった待ち牌の九万を引き入れてリーチ・ツモ・七対子・ドラ2の跳満に。1万6000点差あった鈴木との差をきれいにまくるラス目からの大逆転で優勝を飾った。インタビューでは「(オーラスは)道中、2つぐらい失敗しましたけど、間に合ってよかったです。ぎりぎりで勝ち上がることができましたが、みなさまの応援のおかげでなんとかファイナルに行くことができました。ファイナルもこの調子で頑張りたいです」と抱負を語っていた。

【決勝結果】

1位 石川遼
2位 鈴木たろう
3位 園田賢
4位 山田独歩
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】優勝の喜びを語る石川遼
【動画】優勝の喜びを語る石川遼
【動画】優勝の喜びを語る石川遼