武尊、ベルト返上で前向きな休養を宣言「格闘家として一旦、歩みをストップする」 数年前からパニック障害とうつ病も「この後の人生が壊れないよう。最高の心と体で戻ってくる」時折り涙ぐむ
【映像】武尊の会見の模様 »

 6月19日に東京ドームで開催された「THE MATCH 2022」でRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)と対戦し、5-0の判定で敗北を喫したK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が27日、都内で会見を開き「格闘家として一旦、歩みをストップする」と述べ、引退はせず、格闘家としては一旦、休養することを明らかにした。

【映像】武尊の会見の模様

 時折り涙ぐみながら言葉を紡ぎ出した武尊は「花道で多くのファンから聞いた『ありがとう』が、10年間勝ち続けてきた時のどんな『おめでとう』よりも、勝利よりも嬉しく、報われた。僕の中での大切な財産として生きていきたい」などと述べた。

 そのうえで「格闘家として一旦、歩みをストップする」「心と体のコンディションを正常に戻して新しいチャレンジができたら。戦う舞台から一旦、離れる。この後の人生が壊れないよう。最高の心と体で戻ってくる」とも述べた。また、拳だけでなく、これまでに公表していない腰の故障(分離すべり症)などの完治を目指すこと。さらに数年前から精神科への通院も明かし、パニック障害とうつ病に苦しんでいたことなども明かした。また武尊は、ベルトを返上する決意も加えた。

 この10年間は負けることへの恐怖との闘いだったという武尊。そのことも含め「今回負けることを知った。その分、僕は強くなれる」とも語った。

 敗戦直後、自身のインスタグラムで「心と体を治してまた前を向いて進みます」と心境を明かしていた武尊。会見前日にはツイッターでも「明日記者会見をさせて頂きます。自分の口から皆様に報告したいことがあるので見て頂けたら嬉しいです」と投稿していた。

【映像】武尊の会見の模様
【映像】武尊の会見の模様