豊島将之九段、研究炸裂で藤井聡太王位に完勝 超攻撃姿勢を貫き圧倒/将棋・王位戦七番勝負第1局
番組をみる »

  将棋のお〜いお茶杯王位戦七番勝負の第1局が6月29日に行われ、豊島将之九段(32)が121手で藤井聡太王位(竜王、叡王、王将、棋聖、19)に勝利した。豊島九段の深い研究が実った一局で、出だしから超攻撃的な姿勢で藤井王位を圧倒。4期ぶりの王位復位に向けて幸先の良いスタートを切った。

【動画】豊島将之九段が藤井聡太王位に完勝を飾った一局

 豊島九段が深い事前研究を実らせ、開幕局で快勝を飾った。振り駒の結果、先手番の豊島九段は角換わりを志向。序盤から早いペースで指し進め、初日から激しい攻撃姿勢を示した。封じ手の時点では、すでに終盤戦を思わせるような切迫した局面に。2日目の対局再開後も猛攻を緩めることはなかった。対藤井戦に向けて豊島九段がぶつけた超攻撃性は、藤井王位の終盤力を持っても打ち破ることはできなかった。ABEMAの中継に出演した渡辺明名人(棋王、38)は、「本局は前例がない将棋だった。どんな変化になるかという読みを入れていて研究範囲の広さが出たのでは。(第2局以降も)こういう感じで戦おうという今後の指針になる」と解説していた。

 終局後、豊島九段は「考えたことがある形になった。先手の攻めも細いので微妙かなと思っていて、そんなにうまく行っている感じもなかった。途中からどんどん攻めていかないとしかたないと思って決断よく指そうと思っていました。攻めがつながるか微妙な形で、ずっと難しかった」と話した。

 なお、藤井王位が2日制のタイトル戦で黒星を喫するのは、2021年6月29・30日に行われた前期の王位戦七番勝負第1局対豊島竜王戦以来。しかし、王位戦はその後に4連勝で連覇を達成したとあり、豊島九段にとっては4期ぶりの復位と藤井王位へのリベンジに向けて気の休まる間はない。シリーズ第2局は、7月13、14日に北海道札幌市の「ぬくもりの宿ふる川」で予定。豊島九段は「少し間が空くのでしっかり準備してまた頑張りたいと思います」と意気込みを語った。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】豊島将之九段が藤井聡太王位に完勝を飾った一局
【動画】豊島将之九段が藤井聡太王位に完勝を飾った一局
豊島将之九段「またタイトル戦で指せることが嬉しい」 藤井聡太王位との再戦決まる/将棋・王位戦挑戦者決定戦