大谷翔平含めて全員三振 キレキレ左腕の変化量がやばすぎ「めっちゃ動く」「あれは無理ゲー」
番組をみる »

【MLB】アストロズ4-2エンゼルス(7月3日・日本時間4日/ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場した試合で、アストロズの先発・バルデスが6回を3安打2失点13奪三振と好投した。大谷を含め、対戦した打者全員から三振を奪う快投となったが、左腕から繰り出す変化球のキレ、変化量が絶品。おもしろいように三振の山を築いた。

【映像】バルデスのシンカーがえぐすぎる変化量

 バルデスは前日までに8勝3敗と好成績を収めている左腕。150キロ台中盤の速球を投げるが、そのほとんどが沈みながら曲がるシンカー。スピードがあることから「パワーシンカー」と呼ばれるものだ。また20キロほど球速を落としたカーブも有効で、ほぼこの2球種だけでエンゼルス打線を手玉に取った。

 もともとはゴロによるアウトの率が7割近い「打たせて取る」投手だが、切れまくる変化球で強気になったか、初回から三振を奪うと、2回から5回にかけては11連続してアウトを三振で取るほど。エンゼルスの主砲トラウトからは2三振、大谷からも1三振と、最終的には自己最多の13奪三振となった。

 特にトラウトの第2打席、見逃し三振にしたのは外角ぎりぎりに決まるパワーシンカーで、94.9マイル(152.7キロ)ながら、打者の手元で大きく変化。トラウトも全く手が出ず、不思議そうに見つめながらベンチに戻っていた。この変化には視聴者からも驚きの声が相次ぎ「めっちゃ動く」「うわー素晴らしい球」「入ってるのか、あれは無理ゲー」「いい球きたなぁ…」「完璧すぎるんよ…」と、コメントまでお手上げといった様子だった。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】バルデスのシンカーがえぐすぎる変化量
【映像】バルデスのシンカーがえぐすぎる変化量
【映像】見逃し三振にリアル「舌巻き」を見せた大谷翔平
【映像】見逃し三振にリアル「舌巻き」を見せた大谷翔平
【映像】走者の背後に忍び寄るトリックプレーと悲しげなウォード
【映像】走者の背後に忍び寄るトリックプレーと悲しげなウォード
【映像】大谷翔平、技ありのタイムリー
【映像】大谷翔平、技ありのタイムリー
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW