松本吉弘、Mリーガー3人の激戦卓で勝利「決定戦目指して頑張ります」/麻雀・雀王戦A1リーグ
番組をみる »

 麻雀プロ団体の1つ、日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「雀王」への挑戦権を争う雀王戦A1リーグの第5節A卓(5人打ち)が7月21日に行われ、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の渋谷ABEMASでも活躍する松本吉弘が、接戦を制して卓内トップを取った。

【動画】日本プロ麻雀協会のプロもプレーする「Mリーグ」

 同じくMリーグ・KADOKAWAサクラナイツの堀慎吾、来期から新たにU-NEXT Piratesに加入する仲林圭とも同卓になった松本だが、自身1回戦は箱下のラス、2回戦は3着と苦しい出だし。それでも3回戦で7万点を超える特大トップで一気に挽回すると、最終戦も3者による競り合いを制して連勝。+59.4で卓内トップを取り、トータルスコアもプラスを3ケタに乗せた。「今年でA1リーグ3年目になってまだ決定戦に行ったことがないので、今年は決定戦そして雀王目指して残り20半荘頑張ります」と初の決定戦進出、さらに雀王取りに意気込んでいた。

【試合結果】

1位 松本吉弘 +59.4
2位 浅井堂岐 +50.4
3位 堀慎吾 ▲7.1
4位 須田良規 ▲43.5
5位 仲林圭 ▲59.2

 ◆雀王 日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。1年をかけてリーグ戦を行う。最上位のA1リーグ(14人)は全10節を戦い、上位3人が決定戦に進出。前年度優勝の雀王を含めた4人で争う。決定戦は4日に分けて、半荘20回戦を行う。

 ◆日本プロ麻雀協会 2001年に設立。主なタイトル戦は雀王、雀竜位、女流雀王、日本オープンなど。五十嵐毅代表理事。
(C)麻雀スリアロチャンネル

【動画】日本プロ麻雀協会のプロもプレーする「Mリーグ」
【動画】日本プロ麻雀協会のプロもプレーする「Mリーグ」
【動画】日本プロ麻雀協会のプロもプレーする「Mリーグ」