「また一撃KOだ!」相手が“吹っ飛ぶ”衝撃ダウンに実況絶叫 筋骨隆々&謙虚すぎるファイターに重量級スター“爆誕”の予感
【映像】相手が“吹っ飛ぶ”豪快KO »

 極真空手で世界と凌ぎを削った“逸材”が、プロデビュー戦で見せた「前のめり」KOに続いて左フックで相手を吹き飛ばす豪快KOを披露。その衝撃ダウン、印象的な2連続KOに実況が「また一撃KOだ!」と絶叫した。

【映像】相手が“吹っ飛ぶ”衝撃KO

 7月30日に後楽園ホールで開催された「Krush.139」。星龍之介(POWER OF DREAM)と中平卓見(北眞舘)の重量級対決は1ラウンド1分41秒、プロ2戦目で23歳の星が、43歳のベテラン中平を空手仕込みのコンビネーションの連打から、最後はなぎ倒すような豪腕左フックで完全KO。試合後の「謙虚すぎるキャラ」にも注目が集まり「ファンになった」「もっと試合が見たい」など称賛と期待の声が殺到。その剛腕ひと振りでファンの心を鷲掴みにしてみせた。

「また一撃KOだ!」相手が“吹っ飛ぶ”衝撃ダウンに実況絶叫 筋骨隆々&謙虚すぎるファイターに重量級スター“爆誕”の予感

 重いクルーザー級の試合。極真空手世界6位の実績を持つ新鋭・星は、この日がプロ2戦目となる23歳。4月のプロデビュー戦ではK-1/Krush重量級の常連であるRUIと対戦し、1ラウンド2分50秒、豪快な右ストレートで前のめりダウンを奪うド派手なKOデビューを飾っている。対する中平も空手出身、Krush常連のべテラン43歳だ。

 1ラウンド序盤はローを飛ばしあう両者、星が一歩前に出てみせるパンチの爆発力は「当たると終わる重量級」の迫力を感じさせるには十分といえる恐しさがある。さらに星はガツンガツンと重い右のインローを突破口にして、左フック、右、右ローまでをまとめていく。対する中平もローで反撃を試みるが、ロープ際まで追い詰めた星がパンチの連打からミドルのコンビネーションが有効だ。

 1ラウンド中盤。星の左、右、左ローの猛攻にガードを固め、防戦一方の中平。勢いを増す星の猛打に一矢を報いるべく、ロープを背負った中平が左を繰り出そうと右のガードが少し開いた次の瞬間、“ボコッ”と顔面を吹き飛ばすような星の重い左フックが中平の顔面を直撃。中平は吹き飛ぶようにしてマットに倒れ込み、10カウントを聞く間もなくゴングが打ち鳴らされた。

「また一撃KOだ!」相手が“吹っ飛ぶ”衝撃ダウンに実況絶叫 筋骨隆々&謙虚すぎるファイターに重量級スター“爆誕”の予感

 圧巻のKO劇に試合を中継したABEMAの実況も「終わった! また一撃KO!」と興奮気味に絶叫。その後、ダメージの大きさに苦悶する中平の表情が映し出されると「効いてますね…まだ立てません中平」と状況を説明。さらに「パンチというよりも拳を押し付けるような」と声を絞り出した。またコメントを求められた解説も「左フックを打つ時の逆手をしっかりと意識した状態でパンチを打っている。練習の賜物。パワーだけじゃない」と称賛した。

 その後、星はダメージで座り込んでいる対戦相手の中平に駆け寄ってペコリ、ペコリと何度もお辞儀。勝利後のマイクでも開口一番「自分はまだまだ経験が浅い」と圧勝を否定するかのように自らダメ出し。あまりにも謙虚な姿勢に「好青年」「ギャップがあるなぁ」「話し方が爽やか」「この人の活躍がもっと見たい」「ファンになってしまった」と一気に視聴者の心を掴んだようだった。 

【映像】相手が“吹っ飛ぶ”豪快KO
【映像】相手が“吹っ飛ぶ”豪快KO
「デビュー戦で秒殺!」実況絶叫 “くの字”で崩れ落ちる衝撃KOに「早すぎて見逃した」驚きの声
「デビュー戦で秒殺!」実況絶叫 “くの字”で崩れ落ちる衝撃KOに「早すぎて見逃した」驚きの声