「紫色の煮物が出来てしまって…」山根ことみ女流二段の衝撃クッキングに解説棋士「力強いですね」と必死フォロー
番組をみる »

 将棋藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)は8月10日、名古屋市「名古屋将棋対局場」で菅井竜也八段(30)と順位戦A級2回戦の対局を行っている。ABEMAの中継には佐々木大地七段(27)と山根ことみ女流二段(24)が出演。解説の合間には、日ごろの食生活から料理談義に花が咲いた。その中で飛び出した山根女流二段の「紫色の煮物が出来てしまって」という衝撃エピソードに、佐々木七段はもちろんファンからも「ひえー」「ダークマターww」「色も香りも異次元だ」と驚きの声が上がっていた。

【動画】山根女流二段の「紫色の煮物」エピソード

 長崎県対馬市出身の佐々木七段と、愛媛県松山市出身の山根女流二段。現在は両者とも上京して一人暮らしをしているとあり、食事は自炊。佐々木七段は得意の料理をABEMA師弟トーナメントのチーム動画やTwitterなどでも披露しており、ファンにもその腕前は知られている。局面は菅井八段の長考中とあり、両者は料理トークを展開した。

 ザっとレシピに目を通してから作り始める佐々木七段に対し、山根女流二段は「私はオリジナルを入れてしまうので、時々変なのができてしまうんですよね」と鶏肉の酒蒸しにチャレンジした時のエピソードを披露した。鶏肉を日本酒で蒸し上げるシンプルでヘルシーな一品。しかし、日本酒を切らしていたため、手にしたのは赤ワインだったという。まさかの“一手”に佐々木七段は「いや~…、赤ワインを料理に使うとしたらビーフシチューとか煮込み料理ですよね」と驚がく。「赤は…力強いですね!」と必死にフォローを入れていた。

 出来上がった一品は、山根女流二段曰く「紫色の煮物」。思わぬ出来栄えを写真に収めたというが、「ちょっとお見せできないですね」と苦笑いを浮かべた。佐々木七段は「いや、勉強になります!チャレンジ大事ですよね」と山根女流二段の斬新な一手を称賛。しかし、あまりの衝撃クッキングに「まじかw」「ひえー」「白ワインでしょそこは」「悪手だよねw」「オリジナル…危険な香りしかしない…」「ダークマターww」「色も香りも異次元だ」とファンをざわつかせていた。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

藤井聡太竜王、A級連勝をかけて振り飛車党のエース菅井竜也八段と対局開始/将棋・順位戦A級
【動画】山根女流二段の「紫色の煮物」エピソード
【動画】山根女流二段の「紫色の煮物」エピソード
【動画】第81期 順位戦 A級 2回戦 藤井聡太竜王 対 菅井竜也八段
【動画】第81期 順位戦 A級 2回戦 藤井聡太竜王 対 菅井竜也八段