チーム広瀬・三枚堂達也七段が逆転先勝!一瞬のチャンス活かしチーム永瀬・斎藤明日斗五段を破る/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント2回戦第1試合、チーム永瀬とチーム広瀬の対戦が8月13日に生放送された。2回戦開幕局はチーム広瀬・三枚堂達也七段(29)がチーム永瀬・斎藤明日斗五段(24)に勝利し、チームに幸先の良い先勝をもたらした。

【中継】本戦2回戦でチーム永瀬とチーム広瀬が激突

 振り駒の結果、先手番となったチーム永瀬の斎藤五段は得意の相掛かりを志向。「今日はサウナで整えてきたので、自分らしく勢いのある将棋を指したい」と浮き飛車に構え、▲6六角と勢い良く飛び出し攻勢を示した。一方、三枚堂七段は「後手番なのがね…」と不安げながら、「自分とチームメイトを信じて。勢いで負けないように頑張りたい」と意気込みを語っていた。

 序盤から軽快な指し回しで、空中戦を展開。早々にポイントを稼いだ斎藤四段のペースで進行した。しかし三枚堂七段も離されまいとピタリと背後に付いて猛追。△4六香から先手玉の囲いを削り取り、一瞬のチャンスを活かして逆転して見せた。最後は△5七角から寄せ切り、嬉しい先勝を飾った。

 三枚堂七段は「非常に苦しい展開を強いられた。なんとか結果を得られてホッとしています」と嬉しそうに微笑んだ。敗れた斎藤四段は、「序盤は指せていたと思うが、中盤以降で方針がわからなくなってしまった。テンポ良く行き過ぎて、大事なところで腰を落とせなかった」と肩を落としていた。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

チーム広瀬、再びの絶叫VR体験で突破力体得!?広瀬章人八段「大砲になります!」/将棋・ABEMAトーナメント
【中継】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 二回戦 第一試合チーム永瀬VSチーム広瀬
【中継】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 二回戦 第一試合チーム永瀬VSチーム広瀬