大谷翔平、サヨナラを呼び込む値千金の26号! ウォードの劇的2ランで喜びも爆発 「最上級の笑顔」ファンも歓喜
【映像】大谷翔平、劇的サヨナラに喜び爆発 »

【MLB】エンゼルス5-3ツインズ(8月13日・日本時間14日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。3点を追う8回の第4打席に3試合ぶりとなる26号ソロを放ち、これが劇的なサヨナラを呼び込んだ。11回に同僚の2ランで勝利すると、自身のホームランでは笑顔を見せることが少ない大谷も、喜びが爆発。ABEMAの視聴者からは「最上級の笑顔」「オオタニサンのおかげよ!」と歓喜の声が多数寄せられた。

【映像】大谷翔平、劇的サヨナラに喜び爆発

 8回裏、2死走者なしの場面で打席に入った大谷、ツインズ4番手のデュランに対してカウント2-1から4球目のカーブを捉えてスタンドイン。この26号ソロで反撃の狼煙を上げたエンゼルスは9回裏、9番・シエラの同点タイムリースリーベースで追いついて延長戦に突入した。11回裏、4番・ウォードがツインズ6番手・パガンから97マイル(156キロ)のストレートを流し打ち、これがライトスタンドへ飛び込むサヨナラ弾となり、スタジアムは歓喜に包まれた。解説のマック鈴木氏も「完全に芯を食った当たりでしたね!」と絶賛。

 三塁を回り、帽子を投げ捨てて大喜びのウォードにエンゼルスナインも大興奮で迎えた。たちまち本塁で輪ができると、背番号17・大谷も飛び跳ねながら加わる様子が映し出された。これに視聴者も「ありがとうホームラン!」「やったー!!!よくやったー!」「泣いていいですか」「これは良い勝ち方だ」「やっぱウォードすげえ」「最高のゲーム」と次々に喜びの声を寄せ、またこの劇的勝利の立役者の一人となった大谷にも「最上級の笑顔」「オオタニサンのおかげよ!」と活躍を称える声が多数続いていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

大谷翔平の奇策に相手捕手が“ポカン顔” 「一体、何が起こったんだ?」思わず見せた珍リアクションの決定的瞬間
【映像】大谷翔平、劇的サヨナラに喜び爆発
【映像】大谷翔平、劇的サヨナラに喜び爆発
大谷翔平、特大26号を被弾した投手が「天と地」だった決定的瞬間 味方のHRキャッチを確信で歓喜も…まさかのスタンドインに落胆
大谷翔平、特大26号を被弾した投手が「天と地」だった決定的瞬間 味方のHRキャッチを確信で歓喜も…まさかのスタンドインに落胆
SPOTV NOW
SPOTV NOW