ニューヒロイン候補は杉浦まゆ 激戦制しファイナル行き決定「終始ついていました」/麻雀最強戦2022 女流プロ最強新世代
番組をみる »

 国内最大級のプロアマ参加の麻雀大会「麻雀最強戦2022」のファイナル進出を目指す「女流プロ最強新世代」が8月14日に行われ、杉浦まゆが優勝、ファイナル行きを決めた。

【動画】杉浦まゆ、優勝インタビュー

 予選B卓から勝ち上がった杉浦は、決勝卓で東場から飛び出した鳥井ゆうを我慢しながら追いかける展開になったが、南2局1本場にホンイツ・南・西の8000点(+300点、供託2000点)を獲得して、一気にトップ争いに参戦。南3局にもリーチ・ツモ・平和の2700点を加点して800点差ながらついにトップ目に浮上した。アガリはもちろんテンパイ・ノーテンでも逆転されてしまうという大接戦のオーラスは親番で迎えたが、ここでも勝負強さを見せてタンヤオ・リンシャンの4800点を稼ぎ出すと、南4局1本場はリスクを回避しながら牌を伏せて逃げ切った。

 優勝者インタビューで杉浦は「(決勝は)終始ついていました。いろいろやってしまったのに牌が来てくれました。攻めたところでちゃんと牌が来てくれたのは、ついていました」とにっこり。「まだ実感がなくて、途中からずっと泣きそうでした。ぜひファイナルも応援してくれるとうれしいです」と、さらに微笑んでいた。

【決勝結果】

1位 杉浦まゆ
2位 鳥井ゆう
3位 蒼井ゆりか
4位 辻百華
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】杉浦まゆ、優勝インタビュー
【動画】杉浦まゆ、優勝インタビュー
【動画】杉浦まゆ、優勝インタビュー