同じ水槽内のサメに食べられる!? 海の“リアル”を見て学べる水族館
5万尾のイワシのダンス »

 3年ぶりに行動制限のない夏休み。神奈川県にある横浜・八景島シーパラダイスでは、5万尾のイワシのダンスやイルカと一緒に遊泳できるなど、様々なイベントや自由研究にピッタリのエリアがオープンしている。

【映像】同じ水槽内のサメに食べられる!?  5万匹のイワシ

 4つの水族館とアトラクション、さらに、バーベキューもできるテーマパーク「横浜・八景島シーパラダイス」。約700種類の生きものたちが生活する「アクアミュージアム」では、高さ8mの大きな水槽で5万尾のイワシが音楽や照明に合わせて踊る「スーパーイワシイリュージョン」などが行われ、夏をイメージした爽快な演出になっている。

同じ水槽内のサメに食べられる!? 海の“リアル”を見て学べる水族館

 飼育員の山根栞夕さんによると、この水槽内にはイワシの他に、サメなどイワシを捕食する種も入れているそうで、餌を与えてはいるものの、ときどきイワシを食べてしまうこともあるという。山根さんは「こうした捕食種をいれることで“本来の環境”と同じようなイワシの群れの動きを皆さんに見てもらいたくて一緒に入れてます」と話している。

同じ水槽内のサメに食べられる!? 海の“リアル”を見て学べる水族館

 また、アクアミュージアムでは人気者の「コツメカワウソ」との握手イベントも開催中で、こちらは1回400円で人数制限があるため、事前予約が必要だという。

 さらに現在、八景島シーパラダイスではこうした実際に生き物の生態系などを見て学べる夏休みの自由研究にピッタリのエリアもオープンしている。東京大学・三崎臨海実験所と共同で行っている「身近な海で暮らしている微小な生物」にスポットを当てた新エリアとなっており、“海の豊かさ”を学べるエリアになっているそうだ。

(『ABEMA Morning』より)

小学生の自由研究を父が商品化! 繰り返し使える“シート型”ストロー 「大切に使えばプラもいいところがある」
【映像】イルカに捕まって一緒に…? シーパラダイスで楽しむ「夢の体験」
【映像】イルカに捕まって一緒に…? シーパラダイスで楽しむ「夢の体験」
【映像】いつから?意味は?「自由研究」のギモン
【映像】いつから?意味は?「自由研究」のギモン
【映像】小学生の自由研究を父が商品化! 繰り返し使える“シート型”ストロー
【映像】小学生の自由研究を父が商品化! 繰り返し使える“シート型”ストロー