8月25日、『HiGH&LOW THE WORST X』完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOWが横浜アリーナにて行われ、映画に出演する川村壱馬吉野北人(以上THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、三山凌輝BE:FIRST・RYOKI)らが登場したほか、サプライズで中本悠太(NCT 127・YUTA)が参戦。4人で劇中歌『Wings』を初披露し、割れんばかりの拍手喝采を受け会場を揺らしていた。

【動画】THE RAMPAGE川村壱馬、BE:FIRST三山凌輝との裏話明かす

 本編上映の終了後からスタートしたPREMIUM LIVE SHOWでは、1曲目が始まる前に、川村、吉野、龍、鈴木昂秀、長谷川慎藤原樹がひとりずつにスポットが当たる形で役衣装で登場。川村が演じた花岡士雄のセリフ「いくぞ、テメーラ!」という叫びの後、本作のメインテーマ『THE POWER』をパフォーマンスした。2曲目にはTHE RAMPAGEのライブ定番曲『FIRED UP』を力強く奏でた。

 『HiGH&LOW THE WORST X』PREMIUM LIVE SHOWの名にふさわしく、映画の寸劇がしっかりあるのも本イベントの特徴であり魅力。2曲が終わると、三山、永沼伊久也、比嘉涼樹、藤原、岡宏明、陣、長谷川、今村謙斗という本作のヒール役が続々とやってきては、観客にすごんでみせた。劇中の世界に引っ張られるように、THE RAMPAGEのHIP HOPグループ・MA55IVEがやってきて三校連合のテーマ『RIDE OR DIE』、さらに『No.1』をパフォーマンスし、観客を熱狂の渦に引き込んだ。寸劇へと続いた後は、THE RAMPAGEによる『Slam That Down』、『SWAG &PRIDE』が披露された。

 本作から登場する“カラスの高校”こと鈴蘭高校の出演者、三上ヘンリー大智、板垣瑞生、高橋祐理が迫力の登場を決めた。ついでBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEがやってきて、鈴蘭のテーマ『We never die』をパフォーマンスしながら三上・板垣・高橋とともに花道を練り歩いた。

 中盤戦では、前作『THE WORST』で人気に火がついた“殺し屋”鳳仙学園の四天王を演じた塩野瑛久、小柳心、荒井敦史が客席の間から登場。塩野演じる小田島有剣の名物台詞「まいど、殺し屋鳳仙だすぅ」を皮切りに、それぞれが口々に「もっと盛り上がれるよなあ?」「気合い入れてけ!!」と観客を煽った。それを合図に、BALLISTIK BOYZがシリーズの人気曲である『Top Down』をカバーで歌い出す。EXILE THE SECONDの音色とはまた違う、フレッシュな1曲としてパフォーマンスしてみせた。BALLISTIK BOYZは、続いて『テンハネ -1000%-』も披露した。

 7月にメジャーデビューを飾ったばかりのPSYCHIC FEVER from EXILE TRIBEが劇中歌『WARRIORS』、シングル『Choose One』を堂々と歌い上げた。続くDEEP SQUADも劇中歌『Pouring rain』を歌い、持ち味である美しいハモリをしっとりと響かせた。その後はRIKUが歌詞を書き下ろした、初のソロ楽曲である須嵜(中本演じる)のテーマ『Stand by you』を熱唱する。

 ライブも終盤戦に突入すると、中本のコメント映像が流れた。「映画に参加できて本当に楽しかったです。(4人の)コラボ楽曲も、とても最高の1曲となっています。”ここからだな、俺たち”」と最後は劇中のセリフで締めた。その直後、エンドバラード『Wings』のイントロが流れると、サプライズで中本を入れた川村・吉野・三山が並んで登場。4人で目を合わせ、笑顔で歌い出した。違う声色を持つ4人の歌声が合わさると、曲は輝きをさらに増した。

 拍手と歓声に包まれた4人は、歌い終わると「ありがとうございます」と観客に向かって伝えた。中本は「はじめまして。須嵜亮役の中本です。今回初めて出演させてもらったんですけど、素敵な仲間と皆さんと時間を共有できて、光栄に思っています」と挨拶した。その後、すぐに「ありがとう」と改めて言い、4人でぎゅっと抱き合った。

 吉野が「やっと4人で歌えましたね!」と感無量の表情で言うと、三山は「最後にやめてよー、そういうの!」と叫び、瞳がうるうるし出す。三山は「結構(涙を)たえてた、まじで!だっているんだよお、中本!」と最後のほうは茶化しながら言うと、中本から「何でや、何で呼び捨て(笑)」と突っ込まれる。全3公演のライブだったが、最後の公演だけ登場となった中本は、「みんなが昨日からつないできたバトンをしっかり決めないと、と緊張しました。けど、いい緊張で。こういう時間を共有できて、本当にすごくうれしく思ってます」と改めて感想を伝えた。川村も「ドキドキしたな」と、終始ぎゅっと目じりを下げ幸せそうに微笑んでいた。

 ラストスパートでは、THE RAMPAGEが『The Typhoon Eye』、スペシャルコラボレーションで三山も加わり、タオルを回しながら『TOP OF THE TOP』をパフォーマンス。続いての楽曲『JUMP』では中本や映画キャスト勢もノリノリで登場し、コーラスで参加したりジャンプするなどして、ライブを存分に楽しんでいた。

 ラストのMCで、川村は「本当にありがとうございます。この2日間、豪華なキャスト、アーティストの皆さんと、何より皆さんと一緒にこの空間を作れて本当に幸せです。最高の仲間と、この映画は作らせてもらいました。素敵な仲間と出会えることがなかなかないですし、応援し続けてくださった皆さんの存在があってこそです」と心を込めた。中本も「お話をいただいたとき、やらしてくださいと(言ったが)正直右も左もわからない中、すごく不安だったんです。けど、こんな素敵な仲間と素敵な作品を作れて、すごくうれしく思っています。16歳で韓国にわたって10年間韓国にいたけど、久しぶりに仲間と一緒にできて、僕にとっては青春そのものの作品でした」と言い終わると、隣にいた三山と本日何回目かのハグを交わした。最後は、全員で『Fallen Butterfly』をわちゃわちゃと踊り、本日2度目の『THE POWER』へと続き、PREMIUM LIVE SHOWは華やかに幕を下ろした。

取材、文:赤山恭子
 

THE RAMPAGE川村 “BE:FIRST三山はかわいい”
THE RAMPAGE川村 “BE:FIRST三山はかわいい”
【特別公開】THE RAMPAGE / 舞台裏密着ドキュメンタリー
【特別公開】THE RAMPAGE / 舞台裏密着ドキュメンタリー
VE×ONLINE COUNTDOWN 2021▶2022 前夜祭
VE×ONLINE COUNTDOWN 2021▶2022 前夜祭
THE RAMPAGE・吉野北人が語る“1st写真集”撮影秘話 宮崎弁を披露も「弱いな」