伊藤匠五段、全勝をキープ 102手で門倉啓太五段に勝利/将棋・順位戦C級1組
番組をみる »

 将棋の順位戦は8月30日、C級1組4回戦の対局が行われ、伊藤匠五段(19)が102手で門倉啓太五段(35)に勝利した。この結果、伊藤五段は4戦全勝をキープして昇級へ着実な一歩を進めた。

【動画】伊藤匠五段が4勝目を飾った一局

 門倉五段の先手番で、戦型は角換わりに。早々に端歩の形を決めると、序盤から門倉五段が積極的に仕掛けていった。先にペースを握ったのは門倉五段かと見られていたが、夕食休憩明けから伊藤五段がギアチェンジ。伊藤五段は角を捕獲されたものの、銀桂の二枚換えから桂馬で飛車角両獲りの強気な姿勢で門倉五段を突き放した。

 終盤では広い視野で盤面を制圧。門倉五段に粘りを許さず、圧倒した。

 この結果で、伊藤五段は順位戦C級1組を4勝全勝。リーグ戦は来年3月の11回戦まで長い戦いが続くが、2期連続の順位戦昇級を目指して順調に勝星を積み上げている。次戦、5回戦は抜け番。10月11日の6回戦では金井恒太六段(36)との対戦が予定されている。
ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】伊藤匠五段が4勝目を飾った一局
【動画】伊藤匠五段が4勝目を飾った一局
藤井聡太竜王の圧倒的な成績 通算勝率8割超に数々の最年少記録も 年度別成績まとめ