仮想空間で授業が受けられる「メタバース登校」認定NPO法人代表理事の決意「不登校の子どもたちにも“学びを止めない環境”を」
メタバース空間上での授業風景やコミュニケーションをとる様子 »

 夏休みが明け、新学期がスタートした。しかし、この時期に増えるのが不登校だ。そこで注目されているのが、仮想空間で授業が受けられる「メタバース登校」。自治体と連携し、新たな学びの場の確立を目指している。

【映像】メタバース空間上での授業風景やコミュニケーションをとる様子

 不登校の状態にある小中学校の児童・生徒の数は、年々増加し2020年度には、約20万人と過去最多となっている。そんな中、注目を集めているのが「メタバース登校」だ。認定NPO法人カタリバの今村久美代表理事に話を聞いた。

今村代表理事「いろんなところから、メタバース上に子どもたちが集まって、全国の同じ立場の子どもたちと一緒に学び合うそういう場所になっています。オンラインっていう手段を使えば、不登校の子どもたちも誰かとつながることがしやすい空間になるなと思っています」

仮想空間で授業が受けられる「メタバース登校」認定NPO法人代表理事の決意「不登校の子どもたちにも“学びを止めない環境”を」

 認定NPO法人・カタリバが運営している「room-K」は、メタバース空間にログインし、教室に入ることで授業が受けられる。さらに、アバター同士が近い距離にいるとカメラが起動し、コミュニケーションをとることも可能だ。

今村代表理事「誰かと繋がることが怖くなってしまっていたり、学校に行くということができなくなってしまった子どもたちにとっては、オンラインというハードルの低いきっかけで、もう一度学ぶことができるようになります。(メタバース空間上で)誰か友達ができて、人と話してるうちに今度は『また、おうちの外に出てみようかな』とか、現実の学校、例えば『別室までだったら行ってみようかな』など、次のステップに繋がるきっかけになると思っています」

 気軽に利用できるメタバース空間で、勉強はもちろん人と人との関わりも学べるように出来ている。利用者からは「夏休みの宿題をこんなにたくさんできたのは初めて」「目標を持てるようになった」など、明るい声が上がっているという。

仮想空間で授業が受けられる「メタバース登校」認定NPO法人代表理事の決意「不登校の子どもたちにも“学びを止めない環境”を」

 そんなメタバース登校「room-K」を“教育の選択肢”として活用していくことにしたのが埼玉県戸田市。認定NPO法人カタリバと連携協定を結び、学校長が認めればメタバース登校でも出席扱いにする方向で進めている。

戸田市立教育センター・杉森雅之所長「教室で学ぶことだけが答えではないというふうに考えておりまして、相談室や教育支援センターで学ぶことも『学びの選択肢』だと思っています。そういった意味でもオンライン上で学ぶことは“選択肢の1つ”として捉えて、最終的には子どもたちが社会に出て活躍できるよう支援していこうと考えています。社会との繋がりを感じられる(メタバース登校)は非常に有用なのかなと思います」

 戸田市教育センターの杉森所長が、“学びの選択肢の1つ”として前向きに考えているというメタバース登校。しかし、SNSでは「メタバース登校とかみんな不登校なるだろ」「バーチャル依存してそのまま…とかも人によってはありそう」と否定的な声も。こうした声について、今村代表理事は『学び続けることが大切だ』と決意を語る。

今村代表理事「一番重要なのは、子ども自身が学びを続けられること、人間関係を学ぶことも含めて『学びを止めない環境』を整備していくことが重要だと思っています。(否定的な意見については)『こんな事例があるよ』という具体的な実績を見せていきます。戸田市との連携のように、行政や公立の学校と連携しながら、不登校の子どもたちが学び続けられる“新しい選択肢”を作っていきたいと思います」

(『ABEMAヒルズ』より)

「発達障害は脳波で測定できる」の問題点とは?「正しい情報」の普及に動いた臨床心理士の推進する「ニューロダイバーシティ」という考え方
不登校児が“学びを止めない環境”「メタバース登校」で学びの選択肢は増えるのか
不登校児が“学びを止めない環境”「メタバース登校」で学びの選択肢は増えるのか
「制服と私服の選択制に」“強制着用“に悩む生徒を守りたい教師の訴え
「制服と私服の選択制に」“強制着用“に悩む生徒を守りたい教師の訴え
「Googleレンズ」が数学の問題を一瞬で解答…宿題を一律に出すのはもう意味がない? 元小学校教師が問いかけ
「Googleレンズ」が数学の問題を一瞬で解答…宿題を一律に出すのはもう意味がない? 元小学校教師が問いかけ