「キーマンは三笘&久保」元日本代表・鈴木啓太氏がスペイン戦展望語る
番組をみる »

 サッカー「FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループE」の第2節が11月27日にカタールのアフメド ビン アリ スタジアムで行われ、23日の初戦でドイツを逆転で撃破し、2-1で歴史的勝利を挙げた日本が0-1でコスタリカに黒星を喫した。『ABEMAヒルズ』には元日本代表MFの鈴木啓太氏が出演。コスタリカ戦の敗因と、最終節スペイン戦の展望を語った。

 前日のコスタリカ戦惜敗を受け、「悔しくて眠れなかったですね」という鈴木氏。「良かった点があまり見当たらない」と試合を振り返った。敗因については「コンディショニングがうまくいってないのかなと感じた」といい、「特に鎌田選手、守田選手、遠藤選手。遠藤・鎌田両選手は、中3日。ドイツ戦ではかなり強度の高いプレーをした。守田選手はケガからの復帰戦。調整が上手くいっていなかったのかもしれない」と分析した。

 その中でも光明が見えたのは三笘選手の活躍だったという。「左サイドから得意のドリブルでチャンスを作っていましたし、ドイツ戦でも決定的な仕事をしてくれていたので、今一番調子の良い選手と言える。ワールドカップという大きな舞台でも、1人、2人とかわすことができる。さらに1対1でチャンスを作り出せる今の日本代表の中で唯一の選手」と絶賛していた。

「キーマンは三笘&久保」元日本代表・鈴木啓太氏がスペイン戦展望語る

 運命のスペイン戦は12月2日に予定されている。「引き分けは狙って出来るものではないので、勝利を目指して戦うことが絶対の条件」とし、「相手をリスペクトし過ぎないようにしないといけない。ドイツ戦では、勇気を持って戦った結果が後半の逆転に繋がった。恐れずにアグレッシブなディフェンスをすることが大事」と展望を語った。

 さらに、キーマンには「三笘選手と久保選手」の両名を挙げる。「三笘選手はこれまで途中出場が多かったが、スタートから使ってほしい。久保選手はスペインのチームに所属しており、選手の特徴を掴んでいるので活躍してくれるのではないかなと思う。久保選手と三笘選手の左サイドでうまくゲームを作ってくれたら嬉しい」と期待を込めていた。
(『ABEMAヒルズ』より)

【動画】コスタリカ戦を解説する鈴木啓太氏
【動画】コスタリカ戦を解説する鈴木啓太氏
【動画】鈴木啓太氏が語るスペイン戦の展望
【動画】鈴木啓太氏が語るスペイン戦の展望
【ワールドカップ2022】決勝トーナメント進出の条件は?予選突破に必要な勝ち点などを解説
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
日本 vs スペイン|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
日本 vs スペイン|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA