時代が違えば役満だったのに!手牌がバラバラだからいい「十三不塔」に最強雀士もびっくり「久しぶりに見た」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 “最速最強”を名乗る渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が12月6日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」にプレイヤー解説として出演。第2試合では激レアな事象に興奮する場面があった。

【映像】発生確率激低の「十三不塔」

 東4局での第1ツモ時だった。EX風林火山・勝又健志(連盟)の配牌及び第1ツモが映し出されると、同じく解説を務めた石橋伸洋(最高位戦)が「十三(シーサン)だ」と反応。多井も即座に気付き、「本当だ。十三だ!」と驚愕した。十三とは「十三不塔」のことで、親は配牌時、子は鳴きのない第1ツモ完了時、順子や刻子はもちろん、順子を構成する3枚組のうちの2枚を意味するターツもなく、なおかつ雀頭として対子がひとつだけある状態を指し、Mリーグでは役として認められていないが、古くからローカルルールでは「役満」とすることもある。

 その発生確率は、およそ1万分の1とされている。かなりの激低確率だけに、百戦錬磨の多井も「久しぶりに見た」と驚きを隠せずにいると、石橋は「なんで、こんなにバラバラ(の手牌)でびっくりしてるんだって話ですよ」と自らツッコむ始末。ファンからも「激レア」「めっずらしい」「本物出た」「初めて見た」と投稿が渋滞した。

 なお、Mリーグでの十三不塔に関しては、過去にセガサミーフェニックスの近藤誠一(最高位戦)が出現させている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】「ラッキーでした」と謙遜する勝又健志
【映像】「ラッキーでした」と謙遜する勝又健志
【映像】発生確率激低の「十三不塔」
【映像】発生確率激低の「十三不塔」
【映像】発生確率激低の「十三不塔」