回転しながら衝撃の失神KO 「人間の意識が飛ぶ瞬間はここ!」「コマのようにくるくる回りながら沈んだ!」実況も絶叫
【映像】魔裟斗も驚いた「衝撃の失神KO」 »

 戦慄の左2発でトルネードのように回転しながら失神KO。壮絶なダウンシーンに「コマのようにくるくる回りながら沈んだ!」と実況も思わず絶叫をした。

【映像】魔裟斗も驚いた「衝撃の失神KO」

 3月12日に東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2023 ~K’FESTA.6~」。ジョーダン・ピケオー(オランダ)とアビラル・ヒマラヤン・チーター(ネパール)の対戦は3ラウンド開始直後の衝撃KO決着。ピケオーが3ラウンド開始直後に左フック2発を振り抜く衝撃KO勝ちを収めた。アビラルの身体が回転しながら崩れ落ちる壮絶ダウンに実況席の魔裟斗は「ザッツK-1ですね!」と驚きを表現した。

 1ラウンドからアビラルが長いリーチを生かしてローやパンチを繰り出せば、ピケオーは前に出て近距離からのボディショット、さらにハイキック。両者ともに打撃を被弾する目が離せない打ち合いが展開された。

 2ラウンド、インファイトでも気持ちの強さをみせ、アッパー、ヒザ、前蹴りとアビラルが攻めるも、後半ジワジワとピケオーが底力をみせ、泥臭くボディとアッパーで削っていく。ラウンド後半には、アビラルが猛攻を仕掛けるが、ピケオーがボディショットの連打から右のストレートを打ち抜きダウンを奪う。

 そして3ラウンド、衝撃の瞬間が訪れる。ゴングとともに両者頭を合わせて打ち合いに持ち込むと、ピケオーが左、アビラルも反撃するが、ピケオーの追い打ちの左で完全失神。フルスイングのパンチを空振りする姿勢のまま、身体を回転させながら崩れ落ちた。

 パンチの勢いで前向きにひねりを加え、回りながらの失神KO劇。マットに大の字になったアビラルの壮絶ダウンシーンに「破壊力が半端ない」「これはベストバウト」「これはダメージが心配なダウンだ」「ぐにゃり…バタりだった」と視聴者が騒然となった。

 この日のABEMAのゲスト解説・魔裟斗も「ザッツK-1ですね!」と驚きと興奮を交えて語り、実況のアナウンサーも「コマのようにくるくる回りながら沈んだ!」と絶叫。さらに「人間の意識が飛ぶ瞬間はここです!」とピケオーが左を振り抜いたスローリプレイを興奮気味に振り返っていた。

【映像】魔裟斗も驚いた「衝撃の失神KO」
【映像】魔裟斗も驚いた「衝撃の失神KO」
「背中がキレイ!」「美背中」ViViモデル古畑星夏、背中ざっくりラウンドガール姿にファン騒然 
「背中がキレイ!」「美背中」ViViモデル古畑星夏、背中ざっくりラウンドガール姿にファン騒然 
「鮮烈で唐突なエンディング」衝撃カウンターKOに実況驚き 「巧くワナを張り巡らせた」との指摘も 
「鮮烈で唐突なエンディング」衝撃カウンターKOに実況驚き 「巧くワナを張り巡らせた」との指摘も 
【映像】魔裟斗も驚いた「衝撃の失神KO」