「ジオごめんな」オホッピー、2試合連発豪快弾! 元同僚にファンから謝罪と激励の珍事
【映像】オホッピー、ジオリトから豪快弾

【MLB】エンゼルス-ガーディアンズ(9月9日・日本時間10日/アナハイム)

 相手が元同僚でも、好調の打棒は止まらなかった。エンゼルスの大谷翔平投手が6試合連続のスタメン外となったこの試合、オホッピーが元同僚から2試合連続となる豪快弾を放ち、ファンから謝罪と激励のコメントが相次ぐ珍事があった。

【映像】オホッピー、ジオリトから豪快弾

 1回裏、エンゼルスは0-1と1点ビハインド。2死ながら走者三塁のチャンスで打席には4番・オホッピー。マウンドには元同僚で先月トレードされたばかりの先発右腕・ジオリトだ。カウント0-1からの2球目、94マイル(約150キロ)のフォーシームを打ち返すと、打球はグングン伸びて右中間スタンドへ。2試合連続となる8号逆転2ランとなった。実況の清水俊輔氏は「オホッピー、今日も打ったー!逆転2ラン!」と声を高らかに伝え、解説を務めていた元MLBプレイヤーの川上憲伸氏も「(コースは)キャッチャーが要求したところ。これを持っていきましたからね!」とその打撃内容を高く評価した。

 しかし今季エンゼルスを応援し続けているファンからすれば、嬉しい逆転弾もやや複雑だった。被弾の元同僚・ジオリトを思い「ジオごめんな」「嬉しいけど、ジオ気の毒」「ジオリト…すまない」「やったー。でも…ジオさん、がんばれ」と謝罪と激励の声が上がる珍しい事態となった。

 昨年ホワイトソックスで11勝(9敗)を挙げたジオリト。今季、トレード期限ギリギリでエンゼルスに加入したが、6試合で1勝(5敗)に終わり、防御率も6.89と実力を発揮できなかった。8月末にはチームの年俸総額を圧縮するためにウェーバーにかけられ、ガーディアンズへ移籍していた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』) 

【映像】オホッピー、ジオリトから豪快弾
【映像】オホッピー、ジオリトから豪快弾
大谷翔平の打席で「審判でかw」ファンざわめき 身長193センチの大谷と遜色ない球審のサイズ感に驚きの声
大谷翔平の打席で「審判でかw」ファンざわめき 身長193センチの大谷と遜色ない球審のサイズ感に驚きの声
大谷翔平の打席で「審判でかw」ファンざわめき 身長193センチの大谷と遜色ない球審のサイズ感に驚きの声
MLB 日程・結果・速報 メジャーリーグベースボール
拡大する
拡大する
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW

大谷翔平選手の試合日程・結果、最新ニュースを更新中 〉