うーん、どうしよう…困りすぎが1周して100点の笑顔に 人気女性雀士の表情に視聴者「かわいすぎ」「超かわいい」/麻雀・Mリーグ
【映像】困った末に笑顔になる日向

 もう、笑うしかない。捨て牌の選択で苦悩した渋谷ABEMASの日向藍子(最高位戦)が、その表情でファンを魅了した。12月5日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の第1試合、南2局3本場でのことだった。当試合は起家からセガサミーフェニックス・醍醐大(最高位戦)、TEAM雷電・黒沢咲(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)、日向の並びで開始。ここまで日向は劣勢で、持ち点・9700点の4着目だった。

【映像】困った末に笑顔になる日向

 ドラは1索で、日向の配牌は四・五・七・八・九万、1・6筒、1・1・2・6・8索、西。「うわっ!日向さんもいい!」と解説の河野直也(最高位戦)が叫んだ中、日向は1巡目に赤の5索を引き寄せた。「ドラ・ドラ・赤、面子もある」。これには実況の松嶋(協会)も反応したが、先手を取ったのは3着目の内川。6巡目にカン2索待ちでリーチをかけた。

 その直後、日向のツモ牌は5筒。手牌は四・五・六・七・八・九万、6筒、1・1・2・3・赤5・6索で、5筒を組み込めば「4・5・6」の三色同順が狙えるイーシャンテンまで持ち込めた。だが、そのためには2索と3索を捨てる必要があり、2索は当たり牌。一方、5筒は内川の現物だった。どれを切ろうか。悩み続けた日向の表情が映し出されると、その刹那、一瞬だけ笑みに。「何か、見たことない表情をしている」。松嶋が即座に反応すると、ファンからも「かわいい」「かわいすぎ」「超かわいい」「かわいすぎ笑顔」「にっこにこ」などとコメントが殺到した。

 結果、日向は現物の5筒を捨てた後、数巡後にドラの1索を引いて追っかけリーチ。見事にツモってリーチ・ツモ・平和・赤・ドラ3の跳満・1万2000点(+900点、供託2000点)を成就させると、苦悩の表情から一転、充実の表情を見せた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】萩原聖人、超スピードで「ガコーン!」と跳満ツモ
【映像】萩原聖人、超スピードで「ガコーン!」と跳満ツモ
【映像】自虐ネタを爆発させる萩原聖人
【映像】自虐ネタを爆発させる萩原聖人
【映像】困った末に笑顔になる日向
【映像】困った末に笑顔になる日向
【映像】困った末に笑顔になる日向

うーん、どうしよう…困りすぎが1周して100点の笑顔に 人気女性雀士の表情に視聴者「かわいすぎ」「超かわいい」/麻雀・Mリーグ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ