言わずにはいられない麻雀おやじギャグ「スーパーマン待ち」って何だ?見れば納得「たしかに」「これは言いたい」/麻雀・Mリーグ
【映像】つい言いたくなる「スーパーマン待ち」の中身

 麻雀とは関係ないはずなのに、突如として飛び出した世界的に有名なヒーローの名前。その理由に多くのファンが納得した。2月13日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」、麻将連合のむく大樹が初解説を務めた。第2試合は起家からセガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)の並びで開始。「なんじゃこりゃ!」。思わず実況の松嶋(協会)も目を丸くする茅森の配牌は、一・二・三・四・五・五・六・六・六・八・八万・2索・9索・東といったものだった。

【映像】つい言いたくなる「スーパーマン待ち」の中身

 いきなり清一色を狙える絶好手。茅森は1巡目で五万をポンすると、数巡後にテンパイさせた。その刹那、むくは「スーパーマン…」とポツリ。松嶋が「スーパーマン、いますか?」と乗っかると、「スーパーマン、言おうかどうか迷ったんですけど、言っちゃいました」と続けた。茅森の待ちは四万と八万のシャンポン待ち。要するに、アガリ牌の四(スー)と八(パー)をもじった麻雀おやじギャグであり、これにはファンも「たしかにスーパーマン」「これは言いたい」「スーパー萬w」などと腑に落ちた様子だった。

 結果的に、茅森は八万を引き寄せて親満貫・1万2000点を獲得。松島は「電光石火でしたね」と感心し、むくは「他の方もフーンって顔をしていましたね。びっくりしないもんなんですね」と他の選手の反応に着目した。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】デイリーダブルに茅森早香もニッコニコ
【映像】デイリーダブルに茅森早香もニッコニコ
【映像】配牌からマンズが好形で11枚!反則級の超好配牌
【映像】配牌からマンズが好形で11枚!反則級の超好配牌
【映像】つい言いたくなる「スーパーマン待ち」の中身
【映像】つい言いたくなる「スーパーマン待ち」の中身
【映像】つい言いたくなる「スーパーマン待ち」の中身

言わずにはいられない麻雀おやじギャグ「スーパーマン待ち」って何だ?見れば納得「たしかに」「これは言いたい」/麻雀・Mリーグ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ