【写真・画像】 1枚目
【映像】猿川の手から逃げる“ツモられたくない牌”

 ちょっと牌の活きが良すぎましたか。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月22日の第1試合。BEAST Japanext・猿川真寿(連盟)がリーチをかけた際、その後のツモ牌が転がってしまうアクシデント発生。これに実況者がツッコミを入れ、ファンも大笑いする一幕があった。

【映像】猿川の手から逃げる“ツモられたくない牌”

 場面は南3局1本場、猿川は8巡目にカン二万待ちでリーチ。赤が3枚ある超勝負手だ。しかしこれがなかなかツモれず、いよいよ河は3段目。15巡目、猿川が掴もうとした牌がコロコロと転がり、これを見た実況の日吉辰哉(連盟)は「転がっているようじゃダメ」とツッコミ。ファンからも「遊ぶなw」「転がってるw」「うはは」「コロコロww」「あかーん」と多数の反響が集まった。

 手から逃げる、突如現れた“ツモられたくない牌”。猿川やファンからすれば暗雲立ち込めるようなシーンだったかもしれないが、終盤にしっかり二万をツモ。リーチ・ツモ・赤3・裏ドラの1万8000点を成就させ、猿川は大歓声を受けていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】猿川の手から逃げる“ツモられたくない牌”
【映像】猿川の手から逃げる“ツモられたくない牌”
【映像】“豪運すぎる”異常事態配牌に騒然…
【映像】“豪運すぎる”異常事態配牌に騒然…
【映像】役満・四暗刻VSドラ単騎・七対子のドラマチックな結末
【映像】役満・四暗刻VSドラ単騎・七対子のドラマチックな結末
【映像】“豪運すぎる”異常事態配牌に騒然…

手から逃げる、逃げる!突如現れた“ツモられたくない牌”実況者も「転がっているようじゃダメ」にファンも大笑い/麻雀・Mリーグ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ