強すぎて腰が抜けた!鈴木たろう、最高スコアを叩き出した鬼の連荘に仲間が「怖い!」「何が起こってんの?」とパニック状態/麻雀・Mリーグ
【映像】あまりの強さに腰を抜かしたチームメイトたち

 あまりの強さに腰が抜けた!プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月26日の第2試合で、赤坂ドリブンズが歴代最高スコアを更新する11万2800点をマーク。親番で満貫、跳満を連発するなど7連続アガリで突き抜けていく様子に、控室のチームメイトたちが「怖い!」「何が起こってんの?」とパニックになってしまった。

【映像】あまりの強さに腰を抜かしたチームメイトたち

 人外の強さを見ると、喜びよりも怖さが先に立つのかもしれない。第1試合では赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)がトップを取り、たろうはデイリーダブルをかけて出場。試合前には園田、浅見真紀(最高位戦)にマッサージをしてもらい「肩が軽くなった」と上機嫌で会場に向かっていった。東場こそ出番のない展開だったが、南場に入ると状況が一変。やることなすこと全て成功する状態に入り「ゼウス」の異名を持つ強さをこれまでかと見せつけた。

 普段なら到底アガリに結びつかないリーチでもツモアガり、さらに裏ドラもおもしろいように乗りまくる状況に、たろう本人も思わず口元が緩みかけたが、控室の仲間たちは驚くばかり。一時、12万点を超えるアガリを決めた瞬間は、園田が「あー!うそー!ラス牌?えっ?えっ?」と困惑し、さらに一同で「怖い!怖いよー!」と、控室の床にへたりこんだ。さらに浅見は「何これ!怖い!どうして?」、再び園田も「何が起こってんの?」と完全にパニックに。神がかった強さで超特大トップをとったたろうは、ニコニコしながら控室に戻ってきていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】あまりの強さに腰を抜かしたチームメイトたち
【映像】あまりの強さに腰を抜かしたチームメイトたち
【映像】鈴木たろう、最高スコア記録更新の瞬間
【映像】鈴木たろう、最高スコア記録更新の瞬間
【映像】気持ちよすぎるカンチャンの入り方
【映像】気持ちよすぎるカンチャンの入り方
【映像】言い慣れない点数に戸惑う東城りお
【映像】言い慣れない点数に戸惑う東城りお
【映像】あまりの強さに腰を抜かしたチームメイトたち

強すぎて腰が抜けた!鈴木たろう、最高スコアを叩き出した鬼の連荘に仲間が「怖い!」「何が起こってんの?」とパニック状態/麻雀・Mリーグ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ