【写真・画像】 1枚目
【映像】大明カンからのアガリに放送席騒然

 まさかこんなアガリ方があるなんて。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月29日の第1試合。業界屈指のイケメンで知られるTEAM雷電・本田朋広(連盟)が大明カンを駆使してアガり、視聴者を大いに盛り上げた。

【映像】大明カンからのアガリに放送席騒然

 南2局2本場、3・6索待ちのテンパイでアガリを目指す本田。ライバルから流局直前に切られた8筒は、自身の手に暗刻の牌だ。これに小考すると実況の日吉辰哉(連盟)は「8筒、大明カン!?」と声を上げ、解説のU-NEXT Pirates・仲林圭(協会)は「行くか!本田さん!いっちゃえ!」と日吉に合わせてエキサイティング。意を決した本田がカンの発声、新ドラは4索で、自身の手に1枚乗った。山に残る3・6索は残り2枚。視聴者もこのプレーの結末を、固唾を飲んで見守る。

 本田が丁寧に引いたリンシャン牌は、待望の6索だ。仲林は「ないすぅ!」と絶叫。日吉は「6索ツモった!やってる!これラス牌ですね!」。タンヤオ・嶺上開花・ドラの7800点(+600点)のアガリを獲得した。仲林は「え!?1500が7800点になりましたよ!」とびっくり仰天。視聴者からは「ないっすぅー!」「うおおおおお」「エグい」「すげぇ!」「これは世界のHONDA」と大絶賛の声が寄せられた。

 恐れ知らずの飛び道具がクリーンヒット。日吉は「この先ちょっと、大明カン流行りそうですね!」。新ドラの表示牌が3索で、リンシャン牌が6索。つまり、このプレーがなければ生まれなかった劇的なアガリということ。この事実にファンも「ねじ曲げたw」「ジュンカラ掘り起こしてる」「そういうことか」と驚くばかりだった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】大明カンからのアガリに放送席騒然
【映像】大明カンからのアガリに放送席騒然
【映像】バラバラ配牌の“劇的ビフォーアフター”に放送席騒然
【映像】バラバラ配牌の“劇的ビフォーアフター”に放送席騒然
【映像】天才雀士に大量点濃厚の超トンデモ配牌
【映像】天才雀士に大量点濃厚の超トンデモ配牌
【映像】天才雀士に大量点濃厚の超トンデモ配牌

みんな大好き・大明カン!恐れ知らずの飛び道具がクリーンヒットの瞬間「すげぇ!」「これは世界のHONDA」/麻雀・Mリーグ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ