もう準決勝では止まらない“モンキーマジック”猿川真寿「トップ通過を目指す」/麻雀・RTDトーナメント2019 グループA
番組をみる »

 2年連続準決勝敗退。これがRTDリーグにおける猿川真寿(連盟)の成績だ。強豪16人が揃った大会で、ベスト8に入ったとも言える。ただ、もちろん本人はその先を見る。独特の手順から高打点を仕上げることから「モンキーマジック」とも呼ばれるその技で、新生・RTDトーナメントでは予選から「トップ通過を目指す」と、スタートダッシュを目論んでいる。

 RTDリーグ2017、RTDリーグ2018ともに予選リーグを4位で通過。ただ、決勝卓にある4つのいすには座れなかった。あともう一歩。それがRTDという舞台で猿川に課せられたものだ。今回からトーナメント方式になり、戦い方も変わってくる。グループAは鈴木達也(協会)、初参戦の朝倉ゆかり(協会)、そしてRTDリーグ2018の覇者・小林剛(麻将連合)と、タフな卓組みだ。それでも本人は「3者とも行く時と行かない時の打牌がはっきりしているタイプ。そういう意味では、自分の押し引きもしづらいメンツではない」と、戦いやすさすら感じている様子だ。

 トータル3位までは、まだ先がある今回のルール。初戦敗退となる4位を避けたいのは当然だが、そのためにもあえて4位回避を意識せず、トップを目指す。「4(位)は引きたくないですけど、そういう気持ちで打っちゃうと、かえって4になっちゃう気もするので、トップ通過を目指すつもりです。前半は割と攻めていきたいかな」と、序盤からマジックの出し惜しみなどしない。

 周囲からその実力を認められながらも、大きなタイトルとは少し縁が遠い。本戦出場16人のうち9人がプロ麻雀リーグ「Mリーグ」の選手でもある今回のRTDトーナメント。ここでの大活躍は、次の舞台への大きな足掛かりとなる。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA~Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶5/12(日)21:00~ RTD TOURNAMENT2019 Group A 1回戦/2回戦

RTD TOURNAMENT2019 Group A ...
RTD TOURNAMENT2019 Group A ...
RTD TOURNAMENT 2019! 昨年までのリーグ形式から一変、トーナメント戦に生まれ変わったRTDがいよいよ開幕! グループAでは、昨年のRTD優勝を飾った小林剛、リベンジに燃える猿川真寿…