トーナメントで爆発なるか ファンタジスタ・鈴木達也「記憶に残る麻雀を」/麻雀・RTDトーナメント2019 グループA
番組をみる »

 また今年もファンを魅了する打牌が見られる。日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル・雀王に4期輝いた鈴木達也の異名は「卓上のファンタジスタ」。過去3回のRTDリーグでは、最終的な順位こそ優勝、入賞といった結果は出ていないが、ファンの記憶に残る一局、一打を繰り出し続けている。「また記憶に残る麻雀をしたいと思っています」。大会形式がトーナメントに変更となった「RTDトーナメント」でも、その思いは変わらない。

 雀王4期は、Mリーグ・赤坂ドリブンズで活躍する同じ鈴木性の鈴木たろうと同じく最多タイ。一時期は完全にこの2人が、協会の2本柱というべき存在になっていた。昨年秋に始まったMリーグも、もう数年発足の時期が早ければ、鈴木達也も当然ドラフト上位指名の有力候補に挙がっていたことだろう。今回のRTDトーナメントには、雀王連覇中の金太賢が、入れ替え戦から本戦出場を勝ち取った。別グループには入ったが、先輩雀王としては、後輩からの突き上げは刺激にもなるところだろう。

 ネット麻雀の普及によりデジタル派の雀士も増え、より効率を求める戦い方が増えた。それゆえに、鈴木のような独特の手順で、配牌からは予想もできないアガリが生まれると、ファンは大いに興奮する。そこに人間同士の戦い、麻雀らしい天運といったものが重なるおもしろさを感じるからだ。スタートとなるグループ戦では半荘4回戦。「3回だと運の要素も強くなる部分が多い。先に抜け出すと結構戦いやすい。最初にアドバンテージを持った方が戦いやすくなると思います」と、先行逃げ切りが有効と判断した。

 過去3年で出ていないのは、明確な結果。グループAではRTDリーグ2018の覇者・小林剛(麻将連合)、猿川真寿(連盟)、初参戦の朝倉ゆかり(協会)というメンバーと卓を囲む。「攻めというよりは、守備に重きを置く対戦相手だと思うので、そこも考慮して、攻めようかなと思っています」と、重心を前に置いてグループ突破を目指す。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

トーナメントで爆発なるか ファンタジスタ・鈴木達也「記憶に残る麻雀を」/麻雀・RTDトーナメント2019 グループA

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA~Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶5/12(日)21:00~ RTD TOURNAMENT2019 Group A 1回戦/2回戦

RTD TOURNAMENT2019 Group A ...
RTD TOURNAMENT2019 Group A ...
RTD TOURNAMENT 2019! 昨年までのリーグ形式から一変、トーナメント戦に生まれ変わったRTDがいよいよ開幕! グループAでは、昨年のRTD優勝を飾った小林剛、リベンジに燃える猿川真寿…