トータルテンボス藤田の例えツッコミをモデル雀士・岡田紗佳がバッサリ「長いしわかんない」/ミッドナイト競輪
番組をみる »

 お笑いコンビ・トータルテンボス(藤田憲右・大村朋宏)と、モデルでプロ雀士の岡田紗佳が、Abema競輪チャンネルで生放送の『WinTicket ミッドナイト競輪 玉野 F2 初日 ペプシコーラC』に登場。藤田が所属先である吉本興業の一連の騒動をネタにしたボケを連発した。

 自己紹介では、岡田がグラビアアイドルでMリーガーであることを説明したが、続いて自己紹介した藤田は「吉本興業のトータルテンボスです」と言い、大村から「いつも(所属事務所を)言ってないだろ。なんでこの時期だけ言うんだよ!」と突っ込まれた。

 そんなトータルテンボス、競輪は絶好調で第3レースでは700ポイント(円)買った3連単が的中し、32.3倍に。大村は「このくらいのオッズ当てるの気持ちいいよ」とよろこんだ。

 視聴者からは藤田に「ブロッコリー」や「スキマスイッチ」など定番のイジりが寄せられていたが、これらを大村が「斬新だな!」とボケるという展開が続く。

トータルテンボス藤田の例えツッコミをモデル雀士・岡田紗佳がバッサリ「長いしわかんない」/ミッドナイト競輪

 これに対して藤田が例えツッコミで返すのだが、サイババとイジられた際には「斬新でもねぇよ。古田がオールスターでサイクル達成したころからいわれてるんだよ」と語った。ちなみにこれは、古田敦也氏が1992年にプロ野球のオールスターゲームでサイクルヒット(1試合で単打、2塁打、3塁打、本塁打を打つこと)を達成した時のことだ。

 これには岡田から「長いしわかんない……」と言われてしまった。岡田はあまり野球に詳しくないようで、知っている野球選手はイチロー、ゴジラ(松井秀喜)、大谷翔平ぐらいしかいないとのこと。古田についてはまったく知らないようだ。

 最終の第9レースで藤田は1-5-7のボックスを2000ポイントずつ購入し、大村は800ポイントずつ15点買い。合わせて2万4000ポイントも使い、「これだけ買ったら当たるんじゃない?」と大村は期待。

 しかし、結果的に全部外れてしまった。4万8170で始めたが、最終的には2万2240ポイントに減った。

 「落としました。大きくいきましたからね……」とレースを振り返った大村に対し、藤田はじっと一点を見つめ、「まぁ、えっと……」と言ったきり黙り込んだ。

 これには大村が「岡本社長か、その間!」と吉本興業の岡本昭彦社長の会見を彷彿とさせる藤田にツッコミを入れた。藤田は続けて「まっ、色々……」とさらにモノマネを続け、「まだ続けるのかよ!」と大村からツッコまれた。

 結局負けてしまったものの、藤田は「やっぱ、こういうレースの時こうだな、というのがつかめてきた。成長感じるよ。どんどん楽しくなってる気がしています」と、一定の手ごたえは感じたようだ。

(C)AbemaTV

スマホで競輪するならWinTicket!お得なキャンペーン実施中

スマホで競輪投票するならウィンチケット
スマホで競輪投票するならウィンチケット
WinTicket(ウィンチケット)

■ミッドナイト競輪                            

2011年から始まった深夜の時間帯に開催されている競輪の競走。全国の競輪場のうち小倉(北九州メディアドーム)、前橋(ヤマダグリーンドーム前橋)、青森、高知、佐世保、玉野、奈良、武雄、西武園、大垣、弥彦、別府、宇都宮、松阪、豊橋、松戸、川崎、伊東温泉、松山、函館、四日市の計21場で開催されている。基本的に各レース7車立ての7レース制で、第1競走の選手紹介は20時50分、最終第7競走は23時19分発走(一部の場で違いあり)。開催が深夜のため無観客で行われるが、ネット投票を中心に売上が年々伸びている。

■WinTicket                            

株式会社WinTicketが運営する競輪投票サービスで、2019年4月にスタート。各競輪場でおこなわれる競争に投票が可能のほか、レースのライブ映像、AbemaTV競輪チャンネルで放送されるミッドナイト競輪にフォーカスしたオリジナル番組「WinTicket ミッドナイト競輪」も視聴することができる。各種ポイントキャンペーンや、AI予想などもある。

ミッドナイト競輪を中心に競輪のレースを毎日放送中!
ミッドナイト競輪を中心に競輪のレースを毎日放送中!