レースを伝える実況。ボートレース蒲郡の高橋貴隆やボートレース児島の椛島健一など、全24場あるボートレース場の実況アナウンサーは非常に個性的で、今や、その名実況はSNSでも話題だ。7月27日放送のAbemaTV特番「ボートレース県民性グランプリ」では、ボートレース宮島の名物女性実況アナ・土谷由美を特集した。

 土谷アナは時折漏れる吐息ボイスが魅力の一つで、「色気があっていい」と男性ファンも多い。実況は立って行うスタンスで、座るよりも「力が入る」のだそうだ。次レースまでの間は休憩室で前レースの結果をメモ。「見直すかどうかは分からないが、次の日や優勝戦の時のネタに」と、休む暇はない。

 実況席は全面ガラス張り。冬の日差しが強くて「普段からの日焼け対策が無駄になる」と嘆くが、それでも仕事を続けるのはボートレースへの愛、選手への尊敬があるからだという。実は10代の頃、ボートレース好きの父の影響でボートレーサーを目指した土谷。養成所に入所するも、過酷な練習に耐え切れずに4カ月でリタイアした。その後、地元の広島に戻って様々な仕事をしていたところ、広島ホームテレビからリポーターのオファー。引き受けた仕事の1つにボートレース宮島での優勝戦ピット取材があった。

 「選手になれなかった時に凄く悔やんだ。何でもいいから、いつかボートレースの仕事がしたい」。リポーター時代に実況アナへの話が来た時は、運命だと感じたそうだ。「厳しい訓練を受けた選手を尊敬している」。養成所での厳しさを知る土谷は、「一生懸命走っているレースをお客様に分かりやすく伝える」のがモットー。「それが上手くいった時は達成感がある。やっててよかったと思える」と、笑顔ながらに仕事への情熱を語った。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】アベマde週末ボートレース ~Saturday~#5

アベマde週末ボートレース
艇王・植木通彦の解説も

▶【見逃し視聴】ボートレース 県民性グランプリ

ボートレース 県民性グランプリ
選手密着VTRからボートレース場のご当地グルメまで