佐々木寿人、一発ツモ攻勢でトータル首位浮上/麻雀・RTDトーナメント2019決勝
番組をみる »

 「RTDトーナメント2019」ファイナル(決勝) 3回戦(全6回戦)が9月1日に放送され、佐々木寿人(連盟)が2勝目を挙げ、トータル首位をキープした。

 対局者は起家から内川幸太郎(連盟)、勝又健志(連盟)、佐々木寿人(連盟)、藤崎智(連盟)。2戦を終えて首位に立っていた佐々木は「もう一回大きなトップでまた突き放せれば」と対局に臨んだ。

 東1局、佐々木はいきなり1万2000点を内川に放銃。ビハインドからスタートしたが、続く1本場で5200点(+300点)をアガって即反撃。東3局、リーチ・一発・赤で9600点。東3局2本場、リーチ・一発・ドラ3で1万2000点(+600点、供託3000点)。

 東4局4本場、リーチ・一発・タンヤオ・赤2で8000点(+1200点、供託1000点)と一発攻勢でトップ目に立って南場へ。さらに南1局で3200点、オーラスでも3900点をダメ押しし、宣言通りの内容で2勝目を挙げた。

 「最初の失点をすぐに挽回できたし、自分らしい麻雀が打てた」と、放銃してもすぐに立て直す強靭なメンタル力で、プラスポイントを100台に乗せた。【福山純生(雀聖アワー)】

【ファイナル3回戦の成績】

1位 佐々木寿人(連盟)5万2900点 +72.9

2位 勝又健志(連盟)3万1800点 +11.8

3位 内川幸太郎(連盟)1万5500点 ▲24.5

4位 藤崎智(連盟)-200点 ▲60.2

【ファイナル3回戦終了時点でのトータルポイント】

1位 佐々木寿人(連盟)+107.3(3/6)

2位 勝又健志(連盟)+32.7(3/6)

3位 内川幸太郎(連盟)▲11.6(3/6)

4位 藤崎智(連盟)▲128.4(3/6)

※連盟=日本プロ麻雀連盟

RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA~Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶【現在放送中】RTDトーナメント ファイナル3・4回戦

RTD決勝3・4回戦
RTD決勝3・4回戦
中盤戦から抜け出すのは?内川・勝又・佐々木・藤崎