勝又健志、4戦目2着でトータル2位キープ/麻雀・RTDトーナメント2019決勝
番組をみる »

 「RTDトーナメント2019」ファイナル(決勝) 3・4回戦(全6回戦)が9月1日に放送され、勝又健志(連盟)がトータル2位につけた。

 勝又は、3戦を終え1着1回、2着1回、4着1回。トータル2位と想定内のポジションにつけていた。「混戦で全員にチャンスがある状況の中で戦っていく方がやりやすい」としていたが、4戦目は2着とはいえ▲11.1とマイナスポイント。首位を快走していた佐々木寿人(連盟)に7万点台のトップを許した。

 残すは2戦。悲願のRTD初制覇に向け「2連勝して、寿人さんが2着にならないように。厳しいですけれど、条件は残った」と佐々木との184.6ポイント差をひっくり返す覚悟だ。【福山純生(雀聖アワー)】

【ファイナル4回戦の成績】

1位 佐々木寿人(連盟)7万8900点 +98.9

2位 勝又健志(連盟)8900点 ▲11.1

3位 藤崎智(連盟)7200点 ▲32.8

4位 内川幸太郎(連盟)5000点 ▲55.0

【ファイナル4回戦終了時点でのトータルポイント】

1位 佐々木寿人(連盟)+206.2(4/6)

2位 勝又健志(連盟)+21.6(4/6)

3位 内川幸太郎(連盟)▲66.6(4/6)

4位 藤崎智(連盟)▲161.2(4/6)

※連盟=日本プロ麻雀連盟

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA~Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】RTDトーナメント ファイナル3・4回戦

RTD決勝3・4回戦
RTD決勝3・4回戦
決勝も中盤戦 内川・勝又・佐々木・藤崎

▶【映像】乃木坂46・中田花奈のMリーグ愛が溢れすぎ! (熱闘!Mリーグ)

乃木坂46中田花奈、溢れる麻雀愛
乃木坂46中田花奈、溢れる麻雀愛
Mリーグの期間延長に大喜び
藤田恵名が考える女子受け麻雀
藤田恵名が考える女子受け麻雀
“一番脱げるシンガーソングライター”考案の「ギャル麻雀」「インスタ映え麻雀」