78度目の対戦も名勝負 渡辺明三冠、羽生善治九段に通算38勝目 解説棋士も「これは名局賞」/将棋・順位戦A級
番組をみる »

 将棋順位戦A級4回戦が10月3日に行われ、渡辺明三冠(35)が羽生善治九段(49)に132手で勝利し、今期無傷の4連勝を飾った。対羽生戦は、通算78度目の対局。日をまたぐ深夜の熱戦は、またもやファンの記憶に残る大熱戦となった。

 初の名人獲得を目指し前日まで3連勝の渡辺三冠と、タイトル通算100期を目指し2勝1敗で追いかけた羽生九段の対局は、過去77局で羽生九段の40勝37敗。これまでもタイトル戦や上位リーグなど、数々の大勝負を繰り広げてきた。

 本局は角換わり腰掛け銀の出だしから、最終盤まで形勢が全く互角の大熱戦。AbemaTVの中継で解説をしていた藤井猛九段(49)も「これはもう名局賞」と絶賛する内容で進むと、最後は渡辺三冠が苦しかった自玉の上部脱出に成功。羽生九段の攻めを切り、決着をつけた。終局時間は、4日の午前0時34分だった。

 これで渡辺三冠は、初の名人挑戦に向けて4連勝でさらに前進。羽生九段は2勝2敗となり、2歩遅れを取る格好となった。

(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶映像:順位戦A級 第4回戦 渡辺三冠 対 羽生九段(期間限定)

第78期 順位戦A級 第4回戦 渡辺明三冠 対 羽生善治九段
第78期 順位戦A級 第4回戦 渡辺明三冠 対 羽生善治九段

▶中継:朝日杯 千葉幸生七段-湯上真司アマほか 10/4(金)13:50~

千葉幸生七段-湯上真司アマほか
千葉幸生七段-湯上真司アマほか