「部屋はナイフだらけ」ハリウッド女優の“心の闇” 14歳で背中に“死”のタトゥーも
番組をみる »

 「しくじり先生 俺みたいになるな!!」にタレントのアンミカが出演し、ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーの波乱万丈な半生から学ぶ「絶望の中で光を見つける授業」を行った。

 過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる当番組。番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”として平成ノブシコブシ吉村崇、ハライチの澤部佑、俳優の磯村勇斗、STU48の瀧野由美子、9nineの西脇彩華が出演。AbemaTVでは地上波未公開シーンを含めた完全版が放送された。

 2000年、アンジェリーナは当時24歳のときにアカデミー助演女優賞とゴールデングローブ賞における最優秀助演女優賞を受賞。日本でも“アンジー”の愛称で抜群の知名度を誇っている。一見、華やかな人生を送っているように見えるアンジェリーナだが、アンミカは「常に人生に絶望していたのではないか」と話す。

「部屋はナイフだらけ」ハリウッド女優の“心の闇” 14歳で背中に“死”のタトゥーも

 アンジェリーナは幼い頃に両親が離婚。引き取った母親はベビーシッターに育児を任せきりで、ほとんど親の愛情を受けずに育った。唯一の心の拠り所は祖父だったが、アンジェリーナが9歳のときに他界してしまう。

 その後アンジェリーナは、ナイフを大量に集めて部屋に飾り、投げるなどして遊ぶようになったという(アンドリュー・モートン著『アンジェリーナ・ジョリー 暴かれた秘密』より)。ナイフの危険な香りやスリルに夢中になったアンジェリーナについてアンミカは「愛情に飢えていたために、ナイフ収集にのめり込んでいたのではないか」と分析した。

「部屋はナイフだらけ」ハリウッド女優の“心の闇” 14歳で背中に“死”のタトゥーも

 14歳のときには、父に付き添って初めて日本を訪れ、漢字で「死」というタトゥーを背中に入れたこともあったアンジェリーナ。アンジェリーナがここまで絶望を引きずっていたのはなぜなのか。アンミカは「過去の不幸にばかり目を向けてしまって、未来の明るいところを見る努力が足りなかったのではないか」と語る。

 続けて「人は毎日3000回も選択をしている」といい、その3000回で前向きな選択をすることで、絶望から解放してくれると持論を展開。“アンミカ式”の絶望の対処法を紹介した。

(「しくじり先生 俺みたいになるな!!」より)

▶︎動画:「しくじり先生」アンジーの肩に入った“死”のタトゥー(15分30秒ごろ~)

【見逃し視聴】本人に直撃! アンジーが“マレフィセント”に出会って変わったことは…?(期間限定・無料)
【見逃し視聴】本人に直撃! アンジーが“マレフィセント”に出会って変わったことは…?(期間限定・無料)
「部屋はナイフだらけ」ハリウッド女優の“心の闇” 14歳で背中に“死”のタトゥーも

▶︎映像:お笑い研究部(AbemaTV限定)でまた“問題作”誕生? 犯人役が「撃っちゃった…」(44分ごろ~)

【AbemaTV限定映像】「お笑い研究部」で“雑ドッキリ”に対応するを考える(期間限定)
【AbemaTV限定映像】「お笑い研究部」で“雑ドッキリ”に対応するを考える(期間限定)
「部屋はナイフだらけ」ハリウッド女優の“心の闇” 14歳で背中に“死”のタトゥーも
「部屋はナイフだらけ」ハリウッド女優の“心の闇” 14歳で背中に“死”のタトゥーも
▶︎本編:「しくじり先生 俺みたいになるな!!」各話リスト
▶︎本編:「しくじり先生 俺みたいになるな!!」各話リスト
【次回】村西とおるを徹底解剖!『しくじり先生 俺みたいになるな!!』▶︎見逃し防止は「通知予約」がおすすめ
【次回】村西とおるを徹底解剖!『しくじり先生 俺みたいになるな!!』▶︎見逃し防止は「通知予約」がおすすめ