神企画、爆誕!人気声優3人が業界初?のボートレーサーのアテレコに挑戦「これで1本番組できる」と大反響
番組をみる »

 これぞプロフェッショナルだ。声優の松風雅也、大河元気、石井孝英が12月22日放送のAbemaTV「MerryボートレースGRAND PRIX」に生出演。予期せぬ無茶ぶりを完璧にこなして、新たな可能性を見出した。

 当番組は初ナイター開催のボートレース界最高峰SG「第34回グランプリ」に合わせて行われている6日間ぶっ続け特番の最終日。小松彩夏ら「アベマde週末ボートレース」から予想ランキング上位のレギュラー代表、DDTプロレスリングの高木三四郎社長ら同局「TheNIGHT」レギュラーの格闘界代表、ご意見番として出演したますだおかだの増田英彦らが、その第34回グランプリでポイントをかけて対決した。

 賞金1億円の優勝戦は、1号艇・石野貴之選手が見事な逃げで勝利を手にした。多くの出演者が1着予想は的中させたものの、残念ながら全員が2着以下を読み違えて、前レースと共に外れ。「こんなことある!?」とスタジオはざわつき暗い雰囲気に包まれたが、そんな雰囲気を吹き飛ばしたのが松風ら声優たちだった。

 優勝戦を即興アテレコ。「普通、こんな仕事はない」「ハードルが高過ぎて地獄」とMCのお笑いコンビ・なすなかにしから振られた瞬間は焦るも、1着の1号艇・石野貴之選手を大河、2着の2号艇・桐生順平選手を石井、3着の4号艇白井英治選手を松風が担当していざはじめると、スタジオは割れんばかりの拍手喝采。「これで番組1本できる」「面白過ぎて泣けてきた」と称賛の嵐で、増田も「レース場で実況できるんちゃいます?」「レース場はそれぞれアナウンスに特徴があるし、仕事が増えるかもよ」とレース実況への進出を促した。

 高評価を受けて、声優たちは大喜び。中でも蒲郡出身の大河は「おおー」とガッツポーズをするほどで、「今、一番狙っているのはトトまる君の声」とボートレース蒲郡へピンポイントで営業をかけるしたたかさも見せた。

(AbemaTV/BOATRACEチャンネルより)

▶映像:必聴!松風雅也、大河元気、石井孝英によるボートレーサーアテレコ(1時間42分ごろ~)

声優3人がボートレーサーの気持ちになって即興アテレコ
声優3人がボートレーサーの気持ちになって即興アテレコ