究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは
番組をみる »

 “ドルオタ”が昂じ、ダンスをコピーして学園祭などで披露する大学生のサークル・コピーユニット、“コピユニ”が人気を博している。その一つ、上智大学の「SPH mellmuse」を取材した。

 メンバーは皆、女性アイドルのファン。ゅぃゅぃさんは「多い時は貯金を切り崩して、月に15万くらい入れ込んでいた時があった。握手会にお金をかけたり、コンサートに行ったり、グッズを買ったり」。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 女子大生に特化した若者コンサル株式会社「ネオレア」を起業した現役女子大学生の朝比奈ひかり氏は「本物のアイドルみたいだと感じる。いま、若者の7割が何らかのオタクだと言われているが、私の周りにも自分のことをオタクだと言っている子は多い。昔だったら“アニメやアイドルがすごく好き”というイメージの言葉だったのが、最近では“これに熱中している”という感覚で、マイナスのイメージはゼロに近いと感じる」と話す。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 SPH mellmuseの練習風景を覗くと、真剣な表情でダンスに取り組んでいた。「虹のコンキスタドール」のファンだという、うさみんさんは部長になったばかり。「挨拶はちゃんとするようにしている。私たちは体育会系。練習も大体週4日で、大会の直前になるとほぼ毎日」、ぁぉぃさんは「体育会系だと思っている。厳しさがないと強くはならない。しかし、楽しさもないと続かない。厳しさと楽しさ両方あっての活動。団体行動をしていると皆が仲良くなり、一致団結している。衣装は係の子を中心に手作りしていて、布を集めるところからデザインまで全部やっている。私たちは一つの大会で4曲踊るが、曲ごとに早着替えもする」と説明する。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 アイドル本人に会うことのできるライブも大好きだが、一番の“ヲタ活”はコピユニだという。「アイドルさんが好きで好きで仕方がなくて、その楽しさの延長線上で、こんなにいい曲があるんだよ、いいパフォーマンスがあるんだよというのを、コピーダンスの活動で広められたらいいなと思っている。この活動が最高のヲタ活。握手会で報告すると、“え!そうなの!”と言われるので、“わ~!”となる」(うさみんさん)、「本家の人とコラボさせてもらうことがあるが、その時に“YouTube見ているよ”と言ってもらえるので最高」(りのちゃんさん)。謙虚な姿勢を維持する理由も「アイドルをリスペクトしているからこその私たち」(ぁぉぃさん)。

 SPH mellmuseは2017年に初めての単独公演を行い、昨年行った二度目の公演では400人以上を動員している。「会場費に充てるためにチケット代などを頂いた」(うさみんんさん)、「ただ、黒字になる場合もあるが、全て部費に回すので、個人的な儲けは全くない」(ぁぉぃさん)。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 一方、ぁぉぃさんは「アイドルに実際にあるルールみたいなものは一切ない。本当に部活としてやっている。一般人なので、全く彼氏に求めるハードルも高くはない」、「アイドルオタクの方が話は合うかもしれないが、そこまでリア充がたくさんいるわけではないし、どちらかというと私たちもオタク寄りの人間なので」と、いわゆる“恋愛禁止”は否定した。

 大学卒業後はプロのアイドルを目指すメンバーもいるのだろうか。ぁぉぃさんは「全く目指していない。それぞれに夢があるし、本当に趣味の一環で活動をしている」、うさみんさんも「部活に近いもので、高校球の全員がプロになるわけではないし、私たちもアイドルになろうというわけではない。スカウトされたという話も聞かない」と説明。ただ、関連の業界を志望する人もいるといい、むしろ就活で武器になることもあるのだそうだ。ゅぃゅぃさんは「自己紹介の時点でアイドルコピーダンスやっているというとツカミはばっちり。他に同じことをやっている人がいないので“何それ”となって、“優勝したこともある”と言うと“どういう大会なの?”と話が繋がっていく。チームの中で自分が貢献したことについても話せる。就活にはもってこい」と胸を張る。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 そんな彼女たちは目指す最高の舞台が、コピユニの日本一を決める大会「UNIDOL」だ。東大・早慶をはじめ、全国から約70のチームが出場、観客動員数は延べ2万3000人に上る。うさみんさん率いるSPHは優勝したこともあり、「もちろん予選は1位通過。そして決勝は優勝に向けて頑張る」と意気込む。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 迎えた関東予選大会当日、会場の外にはファンの男性たちの大行列が。来場者からは「SPH mellmuseのあんりちゃんを応援しにきた。もう6年くらい推している」、「和娘。《なごむすめ》のまろちゃん」「Tomboys☆のみそちゃん」等、熱い声が聞こえてくる。また、UNIDOLの魅力について尋ねると、「1年から4年までの成長を見られるので楽しい」「アイドルと違って、大学生の間だけという制限がある。甲子園的な見方をしている」。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 そしてステージの幕が上がり、どのチームも全力のパフォーマンスを披露する。コピーとはいえ、圧巻のステージだ。とりわけ会場を沸かせていたのが、和洋女子大学の和娘。《なごむすめ》。前回、SPHを破り全国3位になった強豪で、今回も優勝候補だ。SPH mellmuseは本番を前に、“しっかり者のお姉さん”のうさみんさんが後輩たちの緊張をほぐして回る。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 そしてパフォーマンス。無事に終了したかと思いきや、大号泣するメンバーの姿が。曲途中で衣装チェンジに失敗、あわやポロリというハプニングに見舞われたのだ。審査への影響が心配される中、全てのコピユニが演技を終え、いよいよ結果発表。司会者の「第1位で勝ち抜き、見事決勝に駒を進めたのは、上智大学SPH mellmuse!さぁSPHが1位通過」との声。うさみんさんは「楽しんでいるののに順位をいただけで皆様に認めてもらえた気がした。最高のヲタ活ができた」と喜びを語った。

究極のヲタ活!アイドル好きの女子大生たちが日本一を目指す“コピユニ”とは

 来月13日の決勝に向け、彼女たちの奮闘はまだまだ続く。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶上智大学の「SPH mellmuse」の取材映像(1:04:08~)

上智大学の「SPH mellmuse」の取材映像(1:04:08~)
上智大学の「SPH mellmuse」の取材映像(1:04:08~)