セクシーグラドル清水あいりの珍言集 フライングの意味は何かが「はみ出ちゃう」
番組をみる »

 その言動は、もはや芸人の領域。グラドルの清水あいりが溢れ出るサービス精神で、共演者たちを唖然とさせた。

 AbemaTV「アベマde週末ボートレース~Friday~」2月7日放送回に生出演した清水は番組冒頭、共演者のSKE48・荒井優希や平田詩奈にちなんで「MWB48の清水あいりです」と自己紹介。その意味は「真っ赤なわがままボディ」とのことで、いきなり露出度の高い真っ赤な衣装をカメラの前で見せ付けた。

▶映像:清水あいり、セクシー衣装で珍言連発

 当番組は「ボートレースを学ぼう」というコンセプトであり、ボートレースの講師役と出演したお笑い芸人・永島知洋から「ST(スタート)は何のこと?」と聞かれると、「Sは攻めて攻めて」「Tは力強くいってもうて」と妖艶なまなざしで珍回答。「攻めて攻めてでSTになってるし」とすぐさま突っ込まれるも、続いて「フライングってどういうこと?」と質問されると、即座に「はみ出ちゃう」と意味深発言。永島から「何が?」と返されて「そんなの言えない」と微笑むと、視聴者からは「素晴らしい表現」とのコメントが寄せられた。3歳から15歳まで習っていたという空手を「見せて」とリクエストされた際には、型の要所要所で自慢の胸を全力アピール。永島から「真剣なやつが見たい」「何を何で叩いてるの?」と呆れられても、過剰なサービス精神で視聴者やカメラマンを喜ばせた。

 番組ラストでは、ボートレースでのあいうえお作文という無茶ぶりに「ボーっとしてたらあかんで」「時には止まってもええで」「レンコンみたいにシャキっと」「すっぱ抜かれたらあかんで」と対応。脈略のない作文で「何でレンコン?」「急に文春さん出てくんの!?」と永島を困惑させ、最後まで番組を盛り上げ続けた。

(AbemaTV/BOATRACEチャンネルより)

▶映像:清水あいり、セクシー衣装で露出たっぷり、珍言たっぷり

セクシー衣装の清水あいりが珍言連発
セクシー衣装の清水あいりが珍言連発